Lotus Notes/Domino Application Development by XPages and Beyond

2,205 views
2,133 views

Published on

How to develop Lotus Notes/Domino application development by XPages with some example of implementation. And, future of Lotus Notes/Domino application.

Published in: Self Improvement
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,205
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Lotus Notes/Domino Application Development by XPages and Beyond

  1. 1. C-5 & E-7<br />XPagesで生まれ変わるLotus Notes/Domino アプリケーションとその将来<br />日本アイ・ビー・エム株式会社<br />ソフトウェア事業 Lotus事業部Lotus 第一クライアントテクニカルプロフェッショナルズ<br />杉山 卓弥 (T98SUGI@jp.ibm.com)<br />日本アイ・ビー・エム株式会社<br />ソフトウェア開発研究所Lotus テクノロジー開発<br />佐藤淳 (acchan@jp.ibm.com)<br />
  2. 2. 本日の内容<br />XPagesとは?<br />XPagesで実現できるアプリケーション例と特長<br /><ul><li>ポイント 1 : AJAX サポートと、画面集約
  3. 3. ポイント 2 : Dojo Toolkit を有効活用
  4. 4. ポイント 3 : モバイルアクセスへの対応</li></ul>XPages Extensibility APIs と Extension Library<br />Lotus Notes/Domino アプリケーションの将来像<br />まとめ<br />Q&A<br />
  5. 5. 本日の内容<br />XPagesとは?<br />XPagesで実現できるアプリケーション例と特長<br /><ul><li>ポイント 1 : AJAX サポートと、画面集約
  6. 6. ポイント 2 : Dojo Toolkit を有効活用
  7. 7. ポイント 3 : モバイルアクセスへの対応</li></ul>XPages Extensibility APIs と Extension Library<br />Lotus Notes/Domino アプリケーションの将来像<br />まとめ<br />Q&A<br />
  8. 8. XPages登場の背景<br />コンピューティング環境の変化<br /><ul><li>アクセス手段の多様化
  9. 9. PC の OS (Windows、Mac、Linux etc…)
  10. 10. デバイス (スマートフォン、タブレットPC etc…)
  11. 11. モバイル OS (iOS、Android etc…)</li></ul>日常のビジネスで利用するコラボレーション環境へのアクセス需要が増えてくるのは必然!<br />実質的に標準となりつつある Web 技術を利用して、<br />効率よくアプリケーションを開発する技術へのニーズ<br />Lotus Notes/Domino上で Web2.0 ライクなアプリケーションを効率よく開発できるアプリケーション開発技術の登場<br />XPages<br />
  12. 12. XPagesの特長<br />様々なデバイスから Lotus Notes アプリへのアクセスが可能<br />直感的な操作でページを作成<br /><ul><li>豊富な UI コントロール
  13. 13. ドラッグ & ドロップによる配置</li></ul>迅速なアプリケーション開発<br /><ul><li>JavaScript を用いたロジックの実装
  14. 14. CSS やテーマのサポート</li></ul>既存 Lotus Notes アプリの機能を再利用<br /><ul><li>フォーム、ビューの設計やエージェントなど</li></li></ul><li>本日の内容<br />XPagesとは?<br />XPagesで実現できるアプリケーション例と特長<br /><ul><li>ポイント 1 : AJAX サポートと、画面集約
  15. 15. ポイント 2 : Dojo Toolkit を有効活用
  16. 16. ポイント 3 : モバイルアクセスへの対応</li></ul>XPages Extensibility APIs と Extension Library<br />Lotus Notes/Domino アプリケーションの将来像<br />まとめ<br />Q&A<br />
  17. 17. ポイント1 : AJAX サポートと、画面集約<br />AJAX サポートをビルトイン<br /><ul><li>部分更新、タイプアヘッド
  18. 18. マウス操作による簡単な設定で実現</li></ul>複数のビューを単一画面に集約<br /><ul><li>別サーバー、別アプリケーションからも集約可能
  19. 19. マウス操作による簡単な設定で実現</li></ul>サンプルアプリケーションダウンロードURL:http://www.ibm.com/developerworks/jp/lotus/ldd_tech/xpages_beginner_section6.html<br />
  20. 20. AJAX サポート: ページの部分更新 (1/2)<br />Lotus Domino Designer の画面<br />承認ボタンを押した時の部分更新範囲(ID)を指定<br />
  21. 21. (※)<br />AJAX サポート: ページの部分更新 (2/2)<br />アプリケーションの画面<br />承認ボタンをクリックした時、(※)部分のみを更新<br />
  22. 22. AJAX サポート: タイプアヘッド<br />Lotus Domino Designer の画面<br />アプリケーションの画面<br />編集ボックスのプロパティでタイプアヘッドを有効化<br />入力中に該当候補を表示<br />
  23. 23. 画面集約 (1/2)<br />Lotus Domino Designer の画面<br />現在のアプリケーションからだけでなく、<br />複数サーバー、複数アプリケーションのビューやフォームを自由自在に配置<br />画面に表示するビューの列、名前を<br />独自に指定可能<br />
  24. 24. A<br />B<br />C<br />画面集約 (2/2)<br />アプリケーションの画面<br />別サーバー、別アプリケーションに存在する A、B、C のビューであっても、同一画面内に集約<br />
  25. 25. ポイント2 : Dojo Toolkit を有効活用<br />Dojo Toolkit<br /><ul><li>高度に洗練されたウィジェット(Web の UI パーツ)が利用可能
  26. 26. Lotus Domino は Dojo Toolkit を同梱</li></ul>フィールドデータをグラフ化した例<br />(Dojo Toolkit を用いてデータを可視化)<br />Dojo Toolkitが提供するウィジェット例<br />サンプルアプリケーションダウンロードURL:http://www.ibm.com/developerworks/jp/ysl/library/lotus/y-lot-dojoonxpages/<br />
  27. 27. Dojo Toolkit の活用 (1/2)<br />Lotus Domino Designer の画面<br /><div>タグのプロパティで使うウィジェットを指定<br />Dojo Toolkit の Tree ウィジェットを利用し、<br />アプリケーション上でドラッグ & ドロップを<br />実現したい場合<br />アプリケーション上でドラッグ & ドロップを実現するためのスクリプトを記述<br />
  28. 28. ドラッグ & ドロップ<br />Dojo Toolkit の活用 (2/2)<br />アプリケーションの画面<br />任意の組織の社員を別の組織にドラッグ & ドロップで移動<br />
  29. 29. ポイント3: モバイルアクセスへの対応<br />スマートフォン対応も可能<br /><ul><li>iPhone , Android端末など</li></ul>div タグを利用することで、同一ページを遷移<br />動的なスクリプト計算によるデータロード量の削減<br />
  30. 30. スマートフォン用の CSS の取り込み・メタ情報の記述を行い、スマートフォン風の画面の定義をする<br />モバイルアクセスへの対応 (1/3)<br />Lotus Domino Designer の画面<br />
  31. 31. 同一ページ内で <div> タグを用いてビューを区切ることにより、<br />横スライドページ遷移や動的なデータ計算が可能<br />モバイルアクセスへの対応 (2/3)<br />Lotus Domino Designer の画面<br />
  32. 32. モバイルアクセスへの対応 (3/3)<br />アプリケーションの画面<br />文書をスマートフォン風に表示<br />スマートフォン風の横スライドページ遷移<br />
  33. 33. 本日の内容<br />XPagesとは?<br />XPagesで実現できるアプリケーション例と特長<br /><ul><li>ポイント 1 : AJAX サポートと、画面集約
  34. 34. ポイント 2 : Dojo Toolkit を有効活用
  35. 35. ポイント 3 : モバイルアクセスへの対応</li></ul>XPages Extensibility APIs と Extension Library<br />Lotus Notes/Domino アプリケーションの将来像<br />まとめ<br />Q&A<br />
  36. 36. XPages Extensibility API<br />OpenNTF, Inc.<br />XPages Extensibility API とは<br /><ul><li>XPagesのコントロールを独自に開発可能にするツールキット
  37. 37. OpenNTFXPages Extension Library
  38. 38. OpenNTF.orgのプロジェクトとして公開されている、XPages Extensibility API で作られたコントロール集
  39. 39. インストールするだけで素早く利用可能</li></ul>OpenNTFXPages Extension Library Project : http://extlib.openntf.org/<br />
  40. 40. Extension Library が提供しているコントロール<br />Dojo Form<br />Dojo Grid<br />iNotes<br />Dojo Layout<br />Dojo TextBox<br />Dojo ValidationTextBox<br />Dojo NumberTextBox<br />Dojo SpinnerTextBox<br />Dojo CurrencyTextBox<br />Dojo DateTextBox<br />Dojo TimeTextBox<br />Dojo ComboBox<br />Dojo Filtering Select<br />Dojo Text Area<br />Dojo Simple Text Area<br />Dojo Button<br />Dojo Toggle Button<br />Dojo CheckBox<br />Dojo Radio Button<br />Dojo Horizontal Slider<br />Dojo Vertical Slider<br />Dojo Slider Rule<br />Dojo Slider Rule Labels<br />Dojo List TextBox<br />Dojo Name List TextBox<br />Dojo Link Select<br />Data Grid<br />Data Grid Row<br />Data Grid Column<br />iNotes ListView<br />Notes List View Store<br />Notes List View Design<br />ListView Column<br />iNotes Calendar<br />Notes Calendar Store<br />iCal Store<br />Content Pane<br />Tab Container<br />Tab Pane<br />Stack Container<br />Stack Pane<br />Border Container<br />Border Pane<br />Accordion Container<br />Accordion Pane<br />Mobile Apps<br />App<br />Header<br />Page Heading<br />Round Rect List<br />Static line item<br />Mobile Page<br />Extension Library<br />Dynamic View Panel<br />Keep Session Alive<br />Application Layout<br />Tooltip<br />Dialog<br />Tooltip Dialog<br />In PlaceForm<br />Dynamic Content<br />Switch<br />Remote Services<br />REST Services<br />TagCloud control<br />Value Picker control<br />Name Picker control<br />Page Navigator<br />Bread Crumbs<br />Sort Links<br />List of Links<br />Accordion<br />Toolbar<br />Popup Menu<br />Generic Outline<br />DropDownButton<br />List Separator<br />Pager Sizes<br />Pager Expand/Collapse<br />Pager Show/Hide Details<br />Pager Add Rows<br />Pager Save State<br />Multi-image<br />Data View<br />Forum View<br />Form Table<br />Form Layout Row<br />Forum Post<br />Widget Container<br />List Container<br />XPages Extension Library<br />
  41. 41. 本日の内容<br />XPagesとは?<br />XPagesで実現できるアプリケーション例と特長<br /><ul><li>ポイント 1 : AJAX サポートと、画面集約
  42. 42. ポイント 2 : Dojo Toolkit を有効活用
  43. 43. ポイント 3 : モバイルアクセスへの対応</li></ul>XPages Extensibility APIs と Extension Library<br />Lotus Notes/Domino アプリケーションの将来像<br />まとめ<br />Q&A<br />
  44. 44. Innovation (革新)<br />分析などの革新的な技術を採用することで、社員の生産性を向上する新たなワークスタイルを実現<br />Convergence (統合)<br />アクセスするデバイスやアプリケーションの実行環境によらず、さまざまな要望に対応できる統一された基盤を提供<br />Opportunity (機会)<br />パートナー様が次世代のソリューションを実現できる、オープンな技術で作られた基盤を提供<br />Continuity (継続)<br />パートナー様の既存ソリューションを活かしつつ、次世代のソリューションへのスムースな移行を約束<br />
  45. 45. IBM Project Vulcan による新機能<br />統合されたコラボレーション環境<br />スマートフォンから最適なアクセス<br />Activity Stream<br />Embedded Experience<br />Share Box<br />柔軟な拡張性<br />ソーシャル分析<br />アテンション管理<br />
  46. 46. Lotus Notes/Domino の将来<br />ホームページに Activity Stream<br />Embedded Experienceによるアプリケーション連携<br />メールにおいても Embedded Experience によるアプリケーション連携<br />
  47. 47. IBM Social Business Toolkit<br />
  48. 48. Activity Streams と Embedded Experience<br />ActivityStreams<br />アプリケーション<br />アプリケーションガジェット<br />Event <br />Aggregation Service<br />OpenSocial Gadget<br />Activity Stream<br />Embedded Experience<br />User Experience<br />
  49. 49. Lotus Notes アプリケーションへの適用例<br />ActivityStreams<br />Lotus Notes アプリケーション<br />アプリケーションガジェット (XPages)<br />Event <br />Aggregation Service(Lotus Domino)<br />OpenSocial Gadget<br />Activity Stream<br />Embedded Experience<br />
  50. 50. Demo<br />ディスカッションアプリ (XPages)<br />Embedded Experience<br />Activity Stream<br />
  51. 51. SCSK 株式会社(旧㈱CSK)様の例<br />②申請された情報が、承認者の Activity Stream 上に表示されます。<br />③Activity Stream の情報をクリックすると 承認画面がガジェットとして表示されます。<br />①申請者はLotus Notes/Domino で作られた、既存の教育申請ワークフローDBから教育申請します。<br />④画面下部には、関連する情報が表示されますので、これらの情報から受講可否の判断を行います。<br />http://www-10.lotus.com/ldd/appdevwiki.nsf/dx/CSK_sample_gadget_walkthrough<br />
  52. 52. OpenSocial 2.0<br />Activity Stream や Embedded Experience はOpenSocial 2.0 の仕様に取り込まれる予定<br /><ul><li>デモサイト: http://opensocial2.org:8080/collabapp/index.html</li></li></ul><li>本日の内容<br />XPagesとは?<br />XPagesで実現できるアプリケーション例と特長<br /><ul><li>ポイント 1 : AJAX サポートと、画面集約
  53. 53. ポイント 2 : Dojo Toolkit を有効活用
  54. 54. ポイント 3 : モバイルアクセスへの対応</li></ul>XPages Extensibility APIs と Extension Library<br />Lotus Notes/Domino アプリケーションの将来像<br />まとめ<br />Q&A<br />
  55. 55. まとめ<br />XPagesは Lotus Notes/Domino 上で Web 2.0 ライクなアプリケーションの効率的な開発を強力に支援<br /><ul><li>コントロールの組み合わせにより、直感的なアプリケーション開発の実現
  56. 56. スクリプト言語を利用することで複雑なアプリケーションの実現
  57. 57. 既存の資産を活かしながら、新たなユーザー・インターフェースを実現</li></ul>Lotus Notes/Domino は Project Vulcan によって次世代のコラボレーション環境へと進化<br /><ul><li>現在の Lotus Notes アプリケーションはXPages対応することで、次世代コラボレーション環境で、より価値を高めて再利用することが可能</li></li></ul><li>参考資料<br />Lotus Notes and Domino Application Development Wiki<br /><ul><li>http://www-10.lotus.com/ldd/ddwiki.nsf</li></ul>IBM Collaboration Solutions Application Development wiki<br /><ul><li>http://www-10.lotus.com/ldd/appdevwiki.nsf</li></ul>IBM Social Business Toolkit<br /><ul><li>https://www.ibm.com/developerworks/lotus/ibmsocialbusinesstoolkit/</li></ul>IBM Social Business Toolkit Activity Stream<br /><ul><li>https://greenhouse.lotus.com/activitystream/</li></ul>IBM Social Business Toolkit API Explorer<br /><ul><li>https://greenhouse.lotus.com/sbtapiexplorer/mainpage.jsp</li></ul>BPTE Blog<br /><ul><li>https://ibm.co/BPTEBLOG</li></li></ul><li>XPages 技術者コミュニティー<br />XPagesに興味のある方なら参加OK!<br /><ul><li>XPagesに関する情報・リンクを集約!
  58. 58. コミュニティー内メンバーと気軽に交流!
  59. 59. サンプル・アプリケーションを多数掲載!</li></ul>どうやって設計<br />すればいいの?<br />XPagesの情報はどこにあるの?<br />URL : http://XPag.es/?XPagesJapan<br />
  60. 60. パートナー様向け – 技術支援プログラム<br />Lotus BP/ISV Technical Enablement Program<br />Lotus 製品を利用した連携アプリケーションの開発を行うパートナー様向けの無償技術支援プログラム<br />主なサービス内容<br /><ul><li>開発に必要なソフトウェアの貸し出し
  61. 61. オンサイトでの開発環境の構築支援
  62. 62. 仕様策定のための技術ディスカッション
  63. 63. API の使用方法などの技術情報の提供
  64. 64. Etc…</li></ul>お問い合わせ先:<br /><ul><li>佐藤 淳 (acchan@jp.ibm.com)</li></li></ul><li>Questions?<br />
  65. 65. © IBM Corporation 2011. All Rights Reserved.<br />ワークショップ、セッション、および資料は、IBMまたはセッション発表者によって準備され、それぞれ独自の見解を反映したものです。それらは情報提供の目的のみで提供されており、いかなる参加者に対しても法律的またはその他の指導や助言を意図したものではなく、またそのような結果を生むものでもありません。本プレゼンテーションに含まれている情報については、完全性と正確性を帰するよう努力しましたが、「現状のまま」提供され、明示または暗示にかかわらずいかなる保証も伴わないものとします。本プレゼンテーションまたはその他の資料の使用によって、あるいはその他の関連によって、いかなる損害が生じた場合も、IBMは責任を負わないものとします。 本プレゼンテーションに含まれている内容は、IBMまたはそのサプライヤーやライセンス交付者からいかなる保証または表明を引きだすことを意図したものでも、IBMソフトウェアの使用を規定する適用ライセンス契約の条項を変更することを意図したものでもなく、またそのような結果を生むものでもありません。<br />本プレゼンテーションでIBM製品、プログラム、またはサービスに言及していても、IBMが営業活動を行っているすべての国でそれらが使用可能であることを暗示するものではありません。本プレゼンテーションで言及している製品リリース日付や製品機能は、市場機会またはその他の要因に基づいてIBM独自の決定権をもっていつでも変更できるものとし、いかなる方法においても将来の製品または機能が使用可能になると確約することを意図したものではありません。本資料に含まれている内容は、参加者が開始する活動によって特定の販売、売上高の向上、またはその他の結果が生じると述べる、または暗示することを意図したものでも、またそのような結果を生むものでもありません。 <br />パフォーマンスは、管理された環境において標準的なIBMベンチマークを使用した測定と予測に基づいています。ユーザーが経験する実際のスループットやパフォーマンスは、ユーザーのジョブ・ストリームにおけるマルチプログラミングの量、入出力構成、ストレージ構成、および処理されるワークロードなどの考慮事項を含む、数多くの要因に応じて変化します。したがって、個々のユーザーがここで述べられているものと同様の結果を得られると確約するものではありません。<br />記述されているすべてのお客様事例は、それらのお客様がどのようにIBM製品を使用したか、またそれらのお客様が達成した結果の実例として示されたものです。実際の環境コストおよびパフォーマンス特性は、お客様ごとに異なる場合があります。<br />IBM、IBM ロゴ、ibm.com、Domino、iNotes、Lotus、LotusLive、Notes、Quickr、SametimeおよびWebSphereは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。<br />他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。<br />現時点での IBM の商標リストについては、www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。 <br />Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標です。<br />Microsoft, Windows, Windows NT および Windowsロゴは Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。<br />他の会社名、製品名およびサービス名等はそれぞれ各社の商標。<br />

×