Social Business Application Development

997
-1

Published on

Presentation file of Social Business Application Development. This presentation file was used at IBM Connect Japan 2013. You can download this file from http://www-06.ibm.com/software/jp/lotus/events/connect/

IBM Connect 2013 の「ソーシャルアプリを作ってみよう」セッションの資料です。資料のダウンロードは以下の URL より可能です。http://www-06.ibm.com/software/jp/lotus/events/connect/

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
997
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Social Business Application Development

  1. 1. © 2013 IBM Corporationソーシャルアプリを作ってみよう!⽇日本アイ・ビー・エム株式会社IBM  Collaboration  SolutionsICS  Technical  Sales  &  Solutions佐藤  淳  (acchan@jp.ibm.com)【E-‐‑‒6】
  2. 2. © 2013 IBM Corporation 2農園アプリケーションSNSSNS  上の友⼈人がお⼿手伝いSNS  上に成果物をシェア
  3. 3. © 2013 IBM Corporation 3農園アプリケーションSNSSNS  上の友⼈人がお⼿手伝いSNS  上に成果物をシェア農園を通じて  SNS  上のコミュニケーションが活性化
  4. 4. © 2013 IBM Corporation 4ビジネスシーンでのソーシャルアプリ業務アプリケーション企業向け  SNS  製品+業務アプリケーションと企業向け  SNS  を連携
  5. 5. © 2013 IBM Corporation 5ビジネスシーンでソーシャルアプリがもたらす効果業務アプリケーション企業向け  SNS  製品+「つながる・つなげる」  「⾒見見える化」「機敏な・即応的」
  6. 6. © 2013 IBM Corporation 6ビジネスシーンでソーシャルアプリがもたらす効果業務アプリケーション企業向け  SNS  製品+「つながる・つなげる」  「⾒見見える化」「機敏な・即応的」ソーシャルビジネスがもたらす効果
  7. 7. © 2013 IBM Corporation 7ビジネスシーンでソーシャルアプリがもたらす効果企業向け  SNS  製品ソーシャルビジネスがもたらす効果ということはソーシャルアプリケーションはソーシャルビジネス成功のための要因の  1  つ
  8. 8. © 2013 IBM Corporation 8ソーシャルアプリいいじゃないかぁ♡さっそく、技術調査してくれぇ!わ!わかりましたぁ!めんどくさそうだなぁー
  9. 9. © 2013 IBM Corporation 9世の中で流流⾏行行っているソーシャルアプリケーションを調査してみるか
  10. 10. © 2013 IBM Corporation 10ソーシャルアプリケーション例例
  11. 11. © 2013 IBM Corporation 11なぜソーシャルアプリ開発が流流⾏行行っているのか•  軽量量な  API  の提供•  豊富なドキュメント•  ⼗十分なサンプルコード「今!」作り始められる
  12. 12. © 2013 IBM Corporation 12ソーシャルアプリケーション開発のトレンド•  オープンかつ広く普及している技術の採⽤用–  Web  アプリケーション開発技術  (HTML,  Javascript,  CSS,  JSON)–  REST  API–  OAuth–  Activity  StreamsOpenSocial標準化
  13. 13. © 2013 IBM Corporation 13OpenSocial  とは•  SNS  上でアプリケーション開発を⾏行行うための仕様–  ソーシャル  API•  SNS  上のデータにアクセスするための  API–  OpenSocial  Gadget•  ミニアプリケーション•  http://opensocial.org/IBM  は  OpenSocial  や、その実装である  Apache  Shindig、Apache  Rave  に貢献
  14. 14. © 2013 IBM Corporation 14OpenSocial  のステータス•  OpenSocial  2.X  で豊富な機能を提供–  2.0  (2011/08)  –  Activity  Streams、Embedded  Experiences、コンテナーサービス–  2.0.1  (2011/11)  –  OAuth  2.0  サポート–  2.5  (2012/08)  –  Embedded  Experience  の機能拡張や使い勝⼿手の向上•  Embedded  Experience  をメールにも適⽤用–  2.5.1  (作業中)  –  さらなる使い勝⼿手の向上および最適化
  15. 15. © 2013 IBM Corporation 15情報がたくさんあったらぼくでも開発できるかも・・・。企業向け  SNS  での開発も調べよう
  16. 16. © 2013 IBM Corporation 16OpenSocial  と  IBM  製品IBM  ConnectionsIBM  Notes/Domino
  17. 17. © 2013 IBM Corporation 17IBM  ConnectionsコミュニティーブログアクティビティープロフィールホームWikiIBM  Connections  のダッシュボードActivity  Stream  に対応同じ嗜好を持つ⼈人同⼠士での情報共有IBM  Connections  の各コンポーネントを利利⽤用可能マイクロブログ機能も提供(Activity  Stream  対応)To  Do  管理理ブログ機能⽂文書の共同編集 ブックマークの共有 ディスカッションフォーラムブックマークIBM  が提供するソーシャルプラットフォーム
  18. 18. © 2013 IBM Corporation 18IBM  Connections  APIs•  IBM  Connections  APIs–  IBM  Connections  が提供するサービスにアクセスするための  API•  IBM  Connections  OpenSocial  API–  Activity  Stream/Embedded  Experience  を実現する為の  API•  IBM  Connections  SPIs–  IBM  Connections  内のサービスをフックするための  SPI•  ユーザーインターフェイスの拡張機能IBM  Connections  API  ドキュメントhttp://bit.ly/ZaZpaR  (IBM  Social  Business  Development  Wiki)
  19. 19. © 2013 IBM Corporation 19IBM  Connections  APIs•  IBM  Connections  が提供するサービスにアクセス–  情報の作成/取得/更更新/削除  (CRUD  操作)–  REST  APIGET  /activities/service/atom2/activities?publicIBMConnections<?xml  version="1.0"  encoding="utf-‐‑‒8"?><feed  xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom"    xmlns:app="http://www.w3.org/2007/app"          xmlns:snx="http://www.ibm.com/xmlns/prod/sn"    xmlns:os="http://a9.com/-‐‑‒/spec/opensearch/1.1/"    xmlns:xhtml="http://www.w3.org/1999/xhtml"    xmlns:thr="http://purl.org/syndication/thread/1.0">    <generator  uri="http://www.ibm.com/xmlns/prod/sn"  version="4.0.0.0">IBM  Connections  -‐‑‒  アクティビティー</generator>    <icon>http://bahamas.toyosu.japan.ibm.com/activities/styles/images/favicon.ico</icon>    <logo>http://bahamas.toyosu.japan.ibm.com/activities/nav/common/images/iconActivities128.png</logo>    <id>http://bahamas.toyosu.japan.ibm.com/activities/service/atom2/activities</id>    <title  type="text">Activity  Dashboard  for  Atsushi  Sato</title>    <updated>2012-‐‑‒10-‐‑‒09T23:13:27Z</updated>      <author>    ……例例:  パブリックなアクティビティのリストを取得
  20. 20. © 2013 IBM Corporation 20ユーザーインターフェースの拡張•  コミュニティ、ホームページ、プロフィールはカスタムウィジェットを追加可能–  iWidgets  でウィジェットを開発する必要あり
  21. 21. © 2013 IBM Corporation 21ソーシャルアプリケーション例例  (1)•  SugarCRM–  http://www.sugarcrm.com/ibm/connectionsSugarCRM  の  UI  から  IBM  Connections  にアクセス
  22. 22. © 2013 IBM Corporation 22ソーシャルアプリケーション例例  (2)•  Kudos  Badges–  http://kudosbadges.com/  IBM  Connections  に  Kudos  Badges  の  UI  を埋め込み
  23. 23. © 2013 IBM Corporation 23Activity  Stream/Embedded  ExperienceActivity  Stream•  さまざまなアプリケーションで発⽣生したイベントを集約し、⼀一覧表⽰示を可能にする技術•  イベントを登録したり、登録済みのイベントを取得するための  API  を公開Embedded  Experience•  OpenSocial  Gadget  を利利⽤用して外部アプリケーションの⼀一部をページ中に埋め込み表⽰示を可能にする技術•  Activity  Stream  と連携可能OpenSocial  2.0  で仕様を公開
  24. 24. © 2013 IBM Corporation 24IBM  Connections  上の  AS/EEホームページ、プロフィール、コミュニティで利利⽤用可能•  Activity  Stream–  IBM  Connections  上のサービスで発⽣生したイベントを集約し⼀一覧表⽰示•  Embedded  Experience–  イベントをクリックし、関連するサービスに埋め込み画⾯面を通じてすばやくアクセス
  25. 25. © 2013 IBM Corporation 25AS/EE  の仕組み アプリケーションイベントアプリケーション・ガジェットActivityStreamsOpenSocial  ガジェットActivity  StreamEmbedded  ExperienceIBM  Connectionsユーザーエクスペリエンス
  26. 26. © 2013 IBM Corporation 26IBM  Connections  OpenSocial  APIsプログラムから  Activity  Stream  へのアクセスを実現•  REST  API  で  Activity  Stream  の取得  (GET)–  ⾃自分の  Activity  Stream  を取得•  GET  /activitystreams/@me/@all–  イベントの詳細を取得•  GET  /activitystreams/@me/@all/@all/[Event  ID]•  REST  API  で  Activity  Stream  にイベントを登録  (POST)–  POST  /activitystreams/@me/@all
  27. 27. © 2013 IBM Corporation 27Activity  Stream  データフォーマットActivityStreams  に準拠{    "actor":  {"id":  "123"},    "verb":  "post",    "title":  "${Actor}  has  shared  some  wisdom  with  you  !",    "updated":  "2012-‐‑‒01-‐‑‒01T12:00:00.000Z",    "object":  {        "summary":  "Daily  pearls  of  wisdom",        "objectType":  "note",        "id":  "wisdom1",        "displayName":  "Wisdom",    }    "opensocial":  {        "embed":  {            "gadget":  "http://inspirationalgadget.googlecode.com/svn/trunk/wisdom.xml",            "context":  {"id":"12345"}        }    }}
  28. 28. © 2013 IBM Corporation 28OpenSocial  Gadgets<Module>      <ModulePrefs  title="Hello  EE  World"  description="Hello  World  Embedded  Experience  gadget"  height="400"  width="500">            <Require  feature="embedded-‐‑‒experiences"/>      </ModulePrefs>      <Content  type="html"  view="embedded,  default">      <![CDATA[            <h1>Hello,  world!</h1>      ]]>      </Content></Module> ここに  EE  で表⽰示するコンテンツの実装を⾏行行うこの中に  Javascript  を埋め込むことも可能コンテキストデータにアクセスするための  API  も利利⽤用可能•  AS  に埋め込まれたプロパティなど
  29. 29. © 2013 IBM Corporation 29Activity  Stream  連携⼿手順1.  対象となるアプリケーションの選定2.  Embedded  Experience  で表⽰示するため、アプリケーションの⼀一部をウィジェット化–  OpenSocial  Gadget  の作成3.  作成したウィジェットの定義ファイルを配置4.  Activity  Stream  に投稿するデータの作成5.  OpenSocial  APIs  を利利⽤用してイベントの投稿
  30. 30. © 2013 IBM Corporation 30Activity  Stream  in  IBM  Notes•  IBM  Connections  の  Activity  Stream  に  IBM  Notes  から直接アクセスすることが可能–  Embedded  Experience  も利利⽤用可能
  31. 31. © 2013 IBM Corporation 31Embedded  Experience  MailYour  AppOpenSocialGadgetActivity  Streamメール
  32. 32. © 2013 IBM Corporation 32Embedded  Experience  Mail  の仕組み•  メールの内部にアプリケーションの情報を埋め込む  ………Content-‐‑‒Type:  multipart/alternative;  boundary="-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒=_̲Part_̲1178_̲1446913533.1346048125267"-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒=_̲Part_̲1178_̲1446913533.1346048125267Content-‐‑‒Transfer-‐‑‒Encoding:  7bitContent-‐‑‒Type:  text/html;  charset=us-‐‑‒asciiHere  is  your  context:-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒=_̲Part_̲1178_̲1446913533.1346048125267Content-‐‑‒Transfer-‐‑‒Encoding:  7bitContent-‐‑‒Type:  application/embed+json{  "gadget":  "http://eedemos.opensocial2.org/tutorials/helloEE.xml",  "context":  {  "message":  "Hello  World"  }  }-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒=_̲Part_̲1178_̲1446913533.1346048125267̶—………
  33. 33. © 2013 IBM Corporation 33いろいろ開発⽤用の機能があるぞぉー!でも・・・でも・・・でも・・・やっぱ開発は⼤大変そうだよー
  34. 34. © 2013 IBM Corporation 34IBM  Social  Business  Toolkit  SDK•  ソーシャルアプリケーションの開発を⽀支援•  多くの開発者をターゲットに提供–  Web  開発者  –  Javascript  APIs–  Java  開発者  –  Java  APIs•  JavaEE  および  IBM  Domino  にデプロイ可能•  オープンソースプロジェクトとして公開–  OpenNTF.org:  http://ibmsbt.openntf.org/–  GitHub:  https://github.com/OpenNTF/SocialSDK  •  コミュニティサイトで情報提供–  http://bit.ly/ibmsbtcommunity  
  35. 35. © 2013 IBM Corporation 35IBM  Social  Business  Toolkit  SDKSample ApplicationsOpenSocial SupportSecurityCode SnippetsLanguage Bindings Developer PlaygroundDocumentationServer AssetsJ2EE/DominoPre-configured Tomcat
  36. 36. © 2013 IBM Corporation 36Social  Business  Playground•  IBM  Social  Business  Toolkit  SDK  に同梱–  Lotus  Greenhouse  にも展開済み•  http://bit.ly/sbtplayground  
  37. 37. © 2013 IBM Corporation 37IBM  Social  Business  Toolkit  SDK  の仕組みIBM  SmarterCloud  for  Social  BusinessIBM  SametimeIBM  ConnectionsSBTKYour  AppYour  AppYour  App認証や製品ごとの  API  の煩雑さを隠蔽
  38. 38. © 2013 IBM Corporation 38いつ作りますか  ?ソーシャルアプリケーション!作ってみたいですぅ    I(´́〜~`̀)Y…
  39. 39. © 2013 IBM Corporation 39まとめIBM  Connections  はソーシャルアプリケーションを実現可能にするためのソーシャルプラットフォームソーシャルアプリケーションによってソーシャルビジネスの実践を加速IBM  Connections  や  IBM  Notes/Domino  ではOpenSocial  で仕様が公開されている  Activity  Stream/Embedded  Experience  を活⽤用したアプリ開発が可能
  40. 40. © 2013 IBM Corporation 40参考資料料•  OpenSocial–  http://opensocial.org/•  Activity  Streams–  http://activitystrea.ms/•  Social  Business  Application  Development  Wiki–  http://www-‐‑‒10.lotus.com/ldd/appdevwiki.nsf•  IBM  Domino  9.0  Social  Edition  OpenSocial  Component  Deployment  Cookbook–  http://bit.ly/15eLpVV•  IBM  Social  Business  Toolkit  SDK–  http://ibmsbt.openntf.org/•  IBM  Social  Business  Toolkit  Community–  http://bit.ly/ibmsbtcommunity
  41. 41. © 2013 IBM Corporation 41展⽰示会場のご案内本セッションの詳細は  ブース  No.19企業向けソーシャルウェアでビジネス変⾰革をにてご説明いたします。ぜひ、お⽴立立ち寄りください
  42. 42. © 2013 IBM Corporation 42Questions?
  43. 43. © 2013 IBM Corporation 43ワークショップ、セッション、および資料料は、IBMまたはセッション発表者によって準備され、それぞれ独⾃自の⾒見見解を反映したものです。それらは情報提供の⽬目的のみで提供されており、いかなる参加者に対しても法律律的またはその他の指導や助⾔言を意図したものではなく、またそのような結果を⽣生むものでもありません。本講演資料料に含まれている情報については、完全性と正確性を期するよう努⼒力力しましたが、「現状のまま」提供され、明⽰示または暗⽰示にかかわらずいかなる保証も伴わないものとします。本講演資料料またはその他の資料料の使⽤用によって、あるいはその他の関連によって、いかなる損害が⽣生じた場合も、IBMは責任を負わないものとします。  本講演資料料に含まれている内容は、IBMまたはそのサプライヤーやライセンス交付者からいかなる保証または表明を引きだすことを意図したものでも、IBMソフトウェアの使⽤用を規定する適⽤用ライセンス契約の条項を変更更することを意図したものでもなく、またそのような結果を⽣生むものでもありません。本講演資料料でIBM製品、プログラム、またはサービスに⾔言及していても、IBMが営業活動を⾏行行っているすべての国でそれらが使⽤用可能であることを暗⽰示するものではありません。本講演資料料で⾔言及している製品リリース⽇日付や製品機能は、市場機会またはその他の要因に基づいてIBM独⾃自の決定権をもっていつでも変更更できるものとし、いかなる⽅方法においても将来の製品または機能が使⽤用可能になると確約することを意図したものではありません。本講演資料料に含まれている内容は、参加者が開始する活動によって特定の販売、売上⾼高の向上、またはその他の結果が⽣生じると述べる、または暗⽰示することを意図したものでも、またそのような結果を⽣生むものでもありません。  パフォーマンスは、管理理された環境において標準的なIBMベンチマークを使⽤用した測定と予測に基づいています。ユーザーが経験する実際のスループットやパフォーマンスは、ユーザーのジョブ・ストリームにおけるマルチプログラミングの量量、⼊入出⼒力力構成、ストレージ構成、および処理理されるワークロードなどの考慮事項を含む、数多くの要因に応じて変化します。したがって、個々のユーザーがここで述べられているものと同様の結果を得られると確約するものではありません。記述されているすべてのお客様事例例は、それらのお客様がどのようにIBM製品を使⽤用したか、またそれらのお客様が達成した結果の実例例として⽰示されたものです。実際の環境コストおよびパフォーマンス特性は、お客様ごとに異異なる場合があります。IBM、IBM  ロゴ、ibm.com  は、世界の多くの国で登録されたInternational  Business  Machines  Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での  IBM  の商標リストについては、www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。  Adobe,  Adobeロゴ,  PostScript,  PostScriptロゴは、Adobe  Systems  Incorporatedの⽶米国およびその他の国における登録商標または商標です。IT  Infrastructure  Libraryは英国Office  of  Government  Commerceの⼀一部であるthe  Central  Computer  and  Telecommunications  Agencyの登録商標です。インテル,  Intel,  Intelロゴ,  Intel  Inside,  Intel  Insideロゴ,  Intel  Centrino,  Intel  Centrinoロゴ,  Celeron,  Intel  Xeon,  Intel  SpeedStep,  Itanium,  およびPentium  は  Intel  Corporationまたは⼦子会社の⽶米国およびその他の国における商標または登録商標です。Linuxは、Linus  Torvaldsの⽶米国およびその他の国における登録商標です。Microsoft,  Windows,  Windows  NT  および  Windowsロゴは  Microsoft  Corporationの⽶米国およびその他の国における商標です。ITILは英国The  Minister  for  the  Cabinet  Officeの登録商標および共同体登録商標であって、⽶米国特許商標庁にて登録されています。UNIXはThe  Open  Groupの⽶米国およびその他の国における登録商標です。Cell  Broadband  Engineは、Sony  Computer  Entertainment,  Inc.の⽶米国およびその他の国における商標であり、同社の許諾諾を受けて使⽤用しています。JavaおよびすべてのJava関連の商標およびロゴは  Oracleやその関連会社の⽶米国およびその他の国における商標または登録商標です。Linear  Tape-‐‑‒Open,  LTO,  LTOロゴ,  UltriumおよびUltriumロゴは、HP,  IBM  Corp.およびQuantumの⽶米国およびその他の国における商標です。

×