動画配信プラットフォーム on AWS

9,969 views
9,683 views

Published on

AWS上での動画配信プラットフォームについてご説明いたします。

Published in: Technology

動画配信プラットフォーム on AWS

  1. 1. 動画配信プラットフォーム     としてのAWS活用 2014.05.22 Amazon Data Service Japan
  2. 2. 本日のアジェンダ 1 動画配信技術トレンド 動画配信プラットフォーム on AWS まとめ 2 3 2
  3. 3. 動画配信技術トレンド 1
  4. 4. 動画配信テクノロジー ストリーミング (RTMP/MMC/RTP ) HTTP ダウンロード HTTP ストリーミング 専用プロトコル/配信 環境を利用し、多くの 配信機能を提供 HTTPを利用し、簡単 に動画再生が可能だ が、再生制御に制約が 多い ストリーミングとダウ ンロード配信双方の利 点を取り入れる 4
  5. 5. 動画配信テクノロジー • ストリーミング – コンテンツがクライアントに残らずセキュアで、きめ細やかな再生制御が可能。 – 専用プレイヤーが必要で主にPC向け。NWや専用サーバキャパシティを大量に必要とする。 • MMS/RTP(Microsoft), RTMP(Adobe Flash) • HTTPダウンロード – クライアントデバイスに依存せず配信が可能。Webサーバだけで簡単に配信可能。 – コンテンツがクライアントに残ってしまい保護が難しく、再生制御に制約が多い。ライブ未対応。 • ダウンロード, プログレッシブダウンロード, (Pseudoストリーミング) • HTTPストリーミング – デバイスの標準プレイヤーやプラグインで再生可能。大量なサーバリソースを必要とせず、標準的 な再生制御が可能。 – デバイス毎に配信フォーマットが異なる。 • HLS(Apple), HDS(Adobe), Smooth Streaming(Microsoft) 5
  6. 6. 動画配信テクノロジー • オンデマンド配信 • ライブ配信 ストリーミング (RTMP/MMC/RTP) HTTP ダウンロード HTTP ストリーミング ストリーミング (RTMP/MMC/RTP) HTTP ストリーミング 6
  7. 7. 動画配信テクノロジー • 代表的な再生クライアントデバイスサポート状況 RTM P HDS HLS 3.2以前 4.0以降3.2以前 RTM P HDSMMS/RTS P RTM P HDS HLS HLS ストリーミング HTTPストリーミング  HTTP DL HLS: HTTP Live Streaming HDS: HTTP Dynamic Streaming7
  8. 8. 動画配信トレンド • マルチデバイス • マルチビットレート • マルチキャパシティ 8
  9. 9. マルチデバイス • PCから、様々なデバイスでの動画再生へのシフ ト – PC, タブレット, スマートフォン, スマートテレビ, セットトップ ボックス, ゲーム機, etc.. • クライアントデバイス毎に適した配信方式の選択 – デバイス毎に配信コンテンツ、配信環境準備の必要性 9
  10. 10. マルチビットレート • 対象クライアントデバイスの増加に伴う、ネットワ ーク接続環境の多様化 – 光ファイバ, ADSL, 無線LAN, 公衆無線LAN, LTE, 3G etc... • 接続環境に合わせて最適化されたコンテンツの配信 – 低ビットレート(解像度)から高ビットレートコンテンツの準備 – 回線状況に合わせた動的なビットレート変換(Adaptive Bitrate配信) 10
  11. 11. マルチキャパシティ • 再生デバイス・接続形態の多様化により、想定 が難しい配信キャパシティの確保 – ライブ配信時の同時接続数 – コンテンツ特性に伴うオンデマンド配信キャパシティの変動 • 配信規模に合わせ、柔軟性のあるインフラキャ パシティの確保 – 設備投資と提供サービスレベルのバランス 11
  12. 12. 動画配信トレンドに対する課題 • デバイス毎に異なる配信方式 • コンテンツ数およびサイズの増加 • 想定が難しい配信キャパシティ 12
  13. 13. 配信プラットフォームインフラには 大きな負担に... 動画配信トレンドに対する課題 13
  14. 14. 動画配信プラットフォーム on AWS 2
  15. 15. AWSの様々なサービス AWSグローバルインフラ Regions / Availability Zones / Contents Delivery POPSAZRegion コンピュート処理 ストレージ データベース EC2 Elastic Load Balancing Auto Scaling S3 Glacier EBS Storage Gateway RDS DynamoDB ElastiCache Redshift データ分析 Kinesis EMR Data Pipeline コンテンツ配信 CloudFront ネットワーク Virtual Private Cloud Direct Connect Rout53 アプリケーションサービス WorkSpaces SQS SNS SES SWF Elastic Transcoder CloudSearch Management & Administration CloudWatch CloudTrail IAM Management Console SDK CLI 自動化とデプロイメント CloudFormation BeanStalk OpsWorks EcosystemTechnology Partner / Consulting Partner 15
  16. 16. 配信プラットフォームにおけるAWSの強み 潤沢なネットワークおよびグローバルインフラ 柔軟なコンピュータリソース 従量課金によるコストの優位性 エコシステム 16
  17. 17. 動画配信トレンドに対する課題を解決するAWS • デバイス毎に異なる配信方式 • コンテンツ数およびサイズの増加 • 想定が難しい配信キャパシティ 17
  18. 18. デバイス毎に異なる配信方式 PC向け 配信環境 スマホ向け 配信環境 タブレット向け 配信環境 PC Smart Phone Tablet トランスコーダ オリジナルコンテンツ デバイスに合わせて コンテンツを変換 3.2以前 4.0以降 3.2以前 4.0以降 18 • クライアントデバイスに合わせた配信環境の必要性
  19. 19. デバイス毎に異なる配信方式 PC Smart Phone Tablet トランスコーダ オリジナルコンテンツ マルチデバイス向け配信サーバSW 配信サーバ向けに コンテンツを変換 配信サーバがOn the Flyで デバイスに合わせた配信方式に変換 EC2 AWS Ecosystem シングルコンテンツ・マルチユース 配信サーバ 19
  20. 20. 柔軟なコンピュータリソース • オンデマンドで利用できる仮想サーバ – 必要なときに必要なだけ起動 – Windows/Linux系サーバに自由にソフトウェアをインストール可能 • AWS Marketplaceの活用によりSWインストール済みイメージの利用も可能 – 1時間単位での課金 • 用途に合わせて選択可能なサーバタイプ – 20種類以上のラインアップ • スタンダード / ハイCPU / ハイメモリ / HPC / GPU搭載 / SSD搭載 • 柔軟なプライスモデル – オンデマンド / リザーブド / スポット Amazon  EC2 20
  21. 21. トランスコードなどのバッチ処理での活用 • 常時稼働が不要なバッチ系処理に関しては、必要な際 に、必要なだけサーバを立ち上げて処理を実行 • Amazon Elastic Transcoderによるフルマネージド トランスコードサービスの活用 – コンテンツの尺で従量課金 トランスコード処理サーバリソース利用状況 (出展) AWS re:invent 2013 Amazon Elastic Transcoder 21
  22. 22. AWSエコシステムの活用 幅広い3rd Partyソフトウェアサポート 様々なSWライセンスモデルの提供 • BYOL(Bring Your Own License) • 従量課金モデル SaaS on AWSの活用 配信関連ソフトウェア/サービスの一例 22
  23. 23. 動画配信トレンドに対する課題を解決するAWS • デバイス毎に異なる配信方式 • コンテンツ数およびサイズの増加 • 想定が難しい配信キャパシティ 23
  24. 24. コンテンツ数およびサイズの増加 • マルチビットレート配信するためには、ビットレートの 異なるコンテンツを事前に準備することが必要 • 映像品質とネットワーク回線の向上に伴う高ビットレー ト映像の増加 柔軟性のある大容量ストレージの重要性 24
  25. 25. AWSが提供するストレージサービス • 高い耐久性 (99.999999999%) – 3箇所以上の物理的に異なるデータセンターにファイルを複製 • 安価かつ格納容量無制限 – 初期費用不要で格納容量に対する完全従量課金 – キャパシティプラン・サイジング不要 • 高いセキュリティ – 格納データおよび通信の暗号化 – きめ細やかなアクセス制御 Amazon S3 Amazon Glacier オンライン アーカイブ オンラインデータ:1GB 約4円/月 アーカイブデータ:1GB 約1円/月25
  26. 26. コンテンツストレージ PC Smart Phone Tablet トランスコーダ オリジナルコンテンツ EC2 S3 Glacier オリジナルコンテンツ の自動アーカイブ マルチビットレート 映像の変換 S3配信ストレージ 一時格納ストレージ アーカイブストレージ コンテンツ アップロード 配信サーバ フルマネージドコンテンツストレージ 運用・保守などのメンテナンス が不要なマネージドストレージ を安価に利用可能 26
  27. 27. 動画配信トレンドに対する課題を解決するAWS • デバイス毎に異なる配信方式 • コンテンツ数およびサイズの増加 • 想定が難しい配信キャパシティ 27
  28. 28. 想定が難しい配信キャパシティ • 動画配信における重要となるインフラリソース – 配信ネットワーク回線の確保 – 配信規模に合わせた配信サーバの準備 – 安全かつスケーラブルなコンテンツストレージ マルチデバイス対応により配信規模の 想定は非常に難しい 余剰設備への投資 / 設備投資負担の増加 28
  29. 29. 潤沢なネットワークおよびグローバルインフラ • リージョン毎の高帯域ネットワーク – 世界9箇所のリージョンを自由に利用可能 – Contents Delivery Networkサービスの活用 • オンデマンドで利用可能な仮想サーバ – Amazon EC2 & Ecosystem • 容量無制限で利用可能なストレージサービス – Amazon S3, Glacier 29
  30. 30. Contents Delivery Networkサービス • 大容量のエッジサーバ(キャッシュサーバ)を利用可能 – 世界51箇所のエッジロケーション(2014年5月時点) – 大規模なアクセスもエッジのキャパシティを利用して配信 – ユーザは最も近いエッジサーバに自動的に誘導 配信サーバ Amazon CloudFront エッジ キャッシュ ユーザレスポンスの向上 大規模アクセスへの対応 オリジン負荷の軽減 配信サーバ台数 の削減 30
  31. 31. 従量課金によるコストの優位性 • すべてのサービスが初期費用不要で完全従量課 金で利用可能   ネットワーク :ダウンロード流量 課金   サーバリソース:稼働時間課金   ストレージ  :格納容量課金 マネージドインフラによる運用コストの削減 31
  32. 32. 従量課金によるコストの優位性 • オンデマンド配信 – ネットワーク流量課金の優位性により、スパイクアクセスによる機 会損失の回避と日々変動する流量に対し不要な帯域課金の削減 – リザーブドインスタンスの活用により、常時稼働するサーバ稼働課 金の大幅なコスト削減 – サーバ稼働課金の優位性により、トランスコード等のバッチ処理は 処理時間のみでの課金が可能 – ストレージコストの優位性によるロングテールコンテンツの提供 32
  33. 33. 従量課金によるコストの優位性 • ライブ配信 – 全サービス完全従量課金の優位性により、ライブ配信時のみ配 信環境を立ち上げることで、極限までの設備投資コストの削減 – ライブイベント毎の規模に合わせたキャパシティの準備 – ネットワーク流量課金の優位性により、想定できないスパイク アクセスによる機会損失の回避 33
  34. 34. 動画配信プラットフォームアーキテクチャ
  35. 35. オンデマンド配信プラットフォーム 35 GlacierS3EC2 Elastic Transcoder トランスコードフ ァーム マスターストレージ &アーカイブ 配信インフラ アーカイブ アップロード オリジナルコンテンツ PC EC2 S3 配信サーバ CloudFront HTTP Streaming シングルコンテンツマルチユース S3 PC CloudFront HTTP Streaming Streaming CloudFront フルマネージド配信プラットフォーム PC EC2 S3 Streaming 配信サーバ 多機能ストリーミング Native App
  36. 36. ライブ配信プラットフォーム 36 LiveEncoder LIV E 配信インフラ Internet PC EC2 配信サーバ CloudFront HTTP Streaming マルチデバイスHTTP配信 IIS MS AWS Cloud Formation Template ライブ映像 録画プラットフォーム EC2 EC2 EC2 多機能ストリーミング配信 配信サーバ 配信エッジサーバ PC Streaming Native App
  37. 37. まとめ 3
  38. 38. 配信プラットフォームにおけるAWSの強み 潤沢なネットワークおよびグローバルインフラ 柔軟なコンピュータリソース 従量課金によるコストの優位性 エコシステム 38
  39. 39. まとめ インフラ、コストともに柔軟性とコスト 競争力のある動画配信プラットフォームを AWSで実現 39 その時、その瞬間必要となる インフラリソースがそこにある

×