Your SlideShare is downloading. ×
0
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

[AWS Summit 2012] Intel presents ランチセッション 今更聞けないAWSクラウド入門

1,793

Published on

Intel presents ランチセッション …

Intel presents ランチセッション
今更聞けないAWSクラウド入門

登壇者名・社名 堀内 康弘 (アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,793
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
55
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 今さら聞けないAWSクラウド入門アマゾン データ サービス ジャパン株式会社テクニカルエバンジェリスト堀内康弘 (@horiuchi)
  • 2. 堀内康弘の自己紹介AWS テクニカルエバンジェリストTwitter: @horiuchi1978年7月12日 山梨県生まれ経歴2004年 Vcube BtoB Webシステム開発2006年 FlipClip 動画共有サービスの開発、運用2009年 gumi ソーシャルゲーム2012年 AWS テクニカルエヴァンジェリスト
  • 3. Amazonのビジネス 一般消費者様 セラー様 開発者様 ITプロ様 向けサービス 向けサービス 向けサービス マーケットプレイス クラウドEコマース 物流サービス コンピューティング Amazon.co.jp Amazon Services Amazon Web Services•数千万アカウント •Amazon ウェブサイト上で •スケールするWebサービス•8カ国: Japan, US, UK, の販売 を運用するためのインフラGermany, France, Canada, •Amazonの大規模な物流シ を提供China, Italy ステムを活用 •世界に数十万の顧客
  • 4. いつでも、必要なだけ、安価に電気と同じようにインフラを調達可能
  • 5. クラウドコンピューティングの本質:プロビジョニングが容易 ITインフラコスト キャパ 巨額の シティ 初期投資 不足 需要予測 従来のIT調達 機会 費用 実際の需要 自働化した 仮想環境 時間
  • 6. 【質問】下記のAWSの説明で 正しいものを選んでください□クラウドサービスを始めて5年以上□日本にデータセンターがある□DCの規模はAWS > amazon.comである□日本語の24時間サポートがある□AWSは一度も値上げをしたことがない□昨年の新サービス、機能追加は50個以上
  • 7. 【答え】全部正しい□クラウドサービスを始めて5年以上✔□日本にデータセンターがある✔□DCの規模はAWS > amazon.comである✔□日本語の24時間サポートがある□AWSは一度も値上げをしたことがない✔□昨年の新サービス、機能追加は50個以上✔✔
  • 8. AWSは2006年からサービスを開始
  • 9. 190カ国に及ぶ数十万のお客様
  • 10. 多くの人気のあるインターネットビジネスに採用
  • 11. 多くエンタープライズ企業にも採用
  • 12. 政府機関にも採用
  • 13. 日本でのAWS導入顧客
  • 14. アマゾンクラウド:アナリストの評価 IaaS型のクラウドサービスで トップシェア “アマゾンがコカコーラだとしたら ペプシに相当する企業は存在しない”
  • 15. グローバルなインフラストラクチャ リージョン エッジローケーション オレゴン GovCloud 東京 ダブリン バージニアカリフォルニア シンガポール サンパウロ 日本を含めて世界8箇所に
  • 16. アマゾン ドット コムが2000年当時に 年商27.6億ドルの企業であった時 に必要なキャパシティと同等のものを AWSは毎日追加しています (circa 2000)
  • 17. 日本語による充実したサポート体制 日本語でのサポートをご提供しております http://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/ ベーシック デベロッパー ビジネス エンタープライズサポートフォーラム 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能サポートへの EC2の健全性エラー 電話、チャット、 電話、チャット、 コンタクトフォームコンタクト が発生した場合 コンタクトフォーム コンタクトフォーム 12時間以内最速初回応答時間 不可 1時間以内 15分以内 (営業時間内)連絡先登録 1 5 無制限24/365対応 なし なし あり あり上級サポートエンジニアへの直接ルーティング なし なし あり あり専任スタッフ なし なし なし あり特別サポート なし なし なし あり AWS利用総額の AWS利用総額の $0~$10K: 10% $0~$150K: 10% $10K~$80K: 7% $150K~$500K: 7%料金(月額) 無料 $49 $80K~$250K: 5% $500K~$1000K: 5% $250K~ 3% $1000K~ 3% (最低$100) (最低$15K)
  • 18. 過去6年間で値上げなし。20回の値下げ規模の拡大とイノベーション コストダウンをお客様に返還(値下げ)
  • 19. AWS イノベーションのペース 82 Including: AWS Oregon Region新サービス・機能追加の数 61 Elastic Beanstalk (Beta) Including: Amazon SES (Beta) Amazon SNS AWS CloudFormation Amazon CloudFront Amazon RDS for Oracle Amazon Route 53 AWS Direct Connect 48 S3 Bucket Policies AWS GovCloud (US) RDS Multi-AZ Support Amazon ElastiCache Including: RDS Reserved Databases VPC Virtual Networking Amazon RDS AWS Import/Export VPC Dedicated Instances Amazon VPC AWS IAM Beta SMS Text Notification Amazon EMR 24 EC2 Auto Scaling AWS Singapore Region CloudFront Live Streaming Cluster Instances for EC2 AWS Tokyo Region Including: EC2 Reserved Instances Micro Instances for EC2 SAP RDS on EC2 Amazon SimpleDB EC2 Elastic Load Balance 9 Amazon Cloudfront AWS Import/Export Amazon Linux AMI SAP BO on EC2 Oracle Apps on EC2 Win Srv 2008 R2 on EC2 Including: Amazon EBS AWS Mngmt Console SUSE Linux on EC2 Win Srv 2003 VM Import Amazon FPS EC2 Availability Zones Win Srv 2008 on EC2 VM Import for EC2 Amazon S3 SSERed Hat Enterprise on EC2 EC2 Elastic IP Addresses IBM Apps on EC2 2007 2008 2009 2010 2011
  • 20. AWSはAmazonの 主要事業
  • 21. アマゾン ウェブ サービス サービス紹介
  • 22. AWS リージョンとアベイラビリティゾーン マルチAZにより簡単に冗長構成を実現可能
  • 23. AWS のビルディングブロック お客様のアプリケーション運用と管理Block ServicesBuilding Web 認証 &アクセス デプロイ&自動化 AWS IAM モニタリング インターフェース Identity Federation AWS Elastic Beanstalk Amazon CloudWatch Management Console Consolidated Billing AWS CloudFormationアプリケーションプラットフォームサービス メッセージング ライブラリ&SDK コンテンツ配信 Amazon SNS 分散処理 Java, PHP, Python, Amazon CloudFront Amazon SQS Elastic MapReduce Amazon SES Ruby, .NET基盤サービス ストレージ データベース ネットワーク コンピュート Amazon VPC Amazon S3 Amazon RDS Amazon EC2 Elastic Load Balancing Amazon EBS Amazon DynamoDB Amazon Route 53 Auto Scale AWS Storage Gateway Amazon Elasticache AWS Direct Connect アベイラビリティゾーンAWSのグローバルなインフラ エッジロケーション リージョン
  • 24. AWSでインフラ管理の負担が大きく減少 貴重なリソースは本業に集中 30% 70%オンプレミス 本来の 差別化につながらない 環境 業務 付帯的で面倒な作業AWSのクラウド ベースの環境 本来の業務に クラウドの よりフォーカス 管理 70% 30%
  • 25. S3で静的サイトをホスティング
  • 26. こんな構成で運用されてませんか? ラックを借りて1Uサーバ 設置し運用 VPSやレンタルサーバーの Web 場合も物理サーバデータセンター
  • 27. こんな時どうする?Yahooニュースに紹介されてアクセス急増!ディスク障害でデータが消失!?サーバが落ちてしまった! …etc→いずれも起こってしまってからの対処が難しい
  • 28. Amazon S3は、データ保存/配信の基盤 S3 世界中の7拠点から選択データ置くだけ。 保存するデータは、インフラ、電源、 東京リージョン 自動で暗号化する 気にしない。 ことも可能 容量無制限。 高い耐久性で データセンターA データ失わない: データセンターB 99.999999999% バケット 3か所以上で データセンターC 自動複製 全てのファイルに URLが付き、 安価な従量課金 配信可能 ファイル(バイナリ、 テキスト、画像、動画) 例:1GB/月 – 約10円
  • 29. Amazon S3に保存されているファイル数 Peak Requests: 650,000+ per second 2012年6月に1兆を突破!
  • 30. Q. ファイルはどこに保存されているのですか?A. Amazon Simple Storage Service (S3)です。
  • 31. 医用画像を保存するシステムをAWSで実現Amazon S3にデータを保存独自のセキュリティ技術との組みあわせ電子保存の三原則(真正性、見読性、保存性)を遵守
  • 32. AWS Summit Tokyo 2012 も S3でホスティング http://www.awssummittokyo.com/
  • 33. ウェブサイト構築の手順S3上にバケット(フォルダ)を作成バケットをウェブサイト用に設定アップロードされたファイルを誰でも見れるよう設定HTML等をアップロード利用開始!
  • 34. デモンストレーション
  • 35. 月間10000PVのサイトが月169円 想定スペック • ページ数100 • 1ページ当たりのファイル数 30 • 1ページ当たりの平均サイズ 1MB • 月間PV 10000項目 単価 金額ストレージ 10円/GB 1円リクエスト 0.78円/10000リクエスト 24円転送量 15.7円/GB 144円合計 169円
  • 36. 月間10000PVのサイトが月88.5円 想定スペック • ページ数100 1年間無料使用枠!! • 1ページ当たりのファイル数 30 • 1ページ当たりの平均サイズ 500KB ストレージ5GB • 月間PV 10000 20000GETリクエスト項目 単価 金額ストレージ 10円/GB 0.5円リクエスト転送量 15GBまでの転送量 0.78円/10000リクエスト 15.7円/GB 24円 64円合計 88.5円
  • 37. 無料使用枠を使えばほぼ0円 想定スペック • ページ数100 • 1ページ当たりのファイル数 30 • 1ページ当たりの平均サイズ 500KB • 月間PV 10000項目 単価 金額ストレージ 10円/GB 0円リクエスト 0.78円/10000リクエスト 22円転送量 15.7円/GB 0円合計 22円
  • 38. S3を使う理由データを失う心配がほぼゼロ(バックアップの必要なし)サーバーの運用管理の必要なしサーバーが落ちる心配をしなくていい(SLA 99.95%)安価な従量課金技術で料金を下げることが可能大量アクセスも問題なく対応• 10000req/sec程度ならOK
  • 39. S3にたまったログを解析Amazon Elastic MapReduce (EMR)
  • 40. ビッグデータの解析を気軽にスタート Amazon S3 Hadoop Clusters Amazon Amazon EMR DynamoDBAWSにデータ データ解析 結果のビジュ をロード アライズ 1 2 3
  • 41. Let’s try!
  • 42. すぐに始められます。http://aws.amazon.com/jp/aws-first-step/
  • 43. 「はじめてのアマゾンクラウド」シリーズの資料 「はじめてのアマゾンクラウド」シリーズ の資料が参考になります ①AWSアカウント開設 http://slidesha.re/aws-open ②EC2でWebサーバー立ち上げ(当資料 ) http://slidesha.re/ec2-open ③S3にwebコンテンツ保存 http://www.slideshare.net/kentam agawa/s3web ④EC2でWindowsサーバ立ち上げ http://www.slideshare.net/kentam agawa/ec2windows
  • 44. 「AWSの無料使用枠」毎月、下記の分、1年間無料で使えますhttp://aws.amazon.com/jp/free/
  • 45. クラウドデザインパターン(CDP)
  • 46. ご清聴ありがとうございました。

×