• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
[AWS Summit 2012] 基調講演 Day1: Go Global !
 

[AWS Summit 2012] 基調講演 Day1: Go Global !

on

  • 1,820 views

基調講演 Day1: Go Global ! ...

基調講演 Day1: Go Global !

登壇者名・社名 アダム・セリプスキー (Amazon Web Services LLC / Vice President)
ゲストスピーカー: 池田伸壹(株式会社朝日新聞社 国際ビジネスマネージャー)、 間下 直晃 (株式会社ブイキューブ 代表取締役社長)、 池田 秀行 (株式会社gloops 取締役CTO)

Statistics

Views

Total Views
1,820
Views on SlideShare
1,820
Embed Views
0

Actions

Likes
2
Downloads
24
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    [AWS Summit 2012] 基調講演 Day1: Go Global ! [AWS Summit 2012] 基調講演 Day1: Go Global ! Presentation Transcript

    • AWS Summit 2012 | Tokyo アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎 忠雄
    • 最速の成長を遂げた東京リージョンAWSにとって、日本市場は最も重要なマーケットの一つ 2
    • 過去1年のハイライトエンタープライズ領域での浸透 ウェブアプリケーション ビジネスアプリケーション ビックデータ & HPC (ハイパフォーマンスコンピューティング) ディザスタリカバー & アーカイブ
    • 過去1年のハイライト金融業界でも…
    • 過去1年のハイライト 急成長するエコシステム 2011/08 TODAYパートナーエコシステム × 30 × 77デベロッパーコミュニティ × 12 × 24スタートアップ & NoneVC コミュニティ
    • DAY 1 のテーマGo Global!
    • Your Future with CloudComputing Adam Selipsky Vice President Amazon Web Services
    • クラウドコンピューティングの特質 初期投資が不要 低額な変動価格 実際の使用分 のみ支払い セルフサービス スケールアップ、 市場投入と俊敏性 なインフラ ダウンが容易 の改善 Deploy
    • AWS プラットフォーム 展開と管理 アプリケーションサービスコンピュート ストレージ データベース ネットワーク AWS グローバルインフラストラクチャ―
    • AWS グローバルインフラストラクチャ― GovCloud US West US West US East South America EU Asia Pacific Asia(US ITAR Region)(Northern California) (Oregon) (Northern Virginia) (Sao Paulo) (Ireland) (Singapore) Pacific (Tokyo) AWS Regions AWS Edge Locations
    • 地球を離れた場所でも…NASAの事例セッションは Day2 16:30より開催
    • 著名なインターネットビジネスで稼働中
    • エンタープライズ企業での実績
    • 日本でも既に多数の導入実績
    • 拡大する日本のパートナーエコシステムシステムインテグレーター ISV
    • アナリストの評価Infrastructure-as-a-Service 2011 Forrester マーケットシェアリーダー Hadoop Wave のリーダー“アマゾンがコカ・コーラだとしたら、 まだペプシの存在が登場していない"
    • Gartner IaaS Magic Quadrant 2011のリーダー
    • AWSの規模: Amazon S3 の成長 1 Trillion 905 Billion Peak Requests: 750,000+ 762 Billion per second Total Number of Objects Stored in Amazon S3 262 Billion 102 Billion 14 Billion 40 Billion2.9 BillionQ4 2006 Q4 2007 Q4 2008 Q4 2009 Q4 2010 Q4 2011 Q1 2012 June 2012
    • AWS Infrastructure Investments アマゾン ドット コムが2000年当時に 年商27.6億ドルの企業であった時 に必要なキャパシティと同等のものを AWSは毎日追加しています
    • 価格低減の哲学規模の拡大とイノベーション… … コストダウンを促進 資本投資より多くの 20 回もの値下げを実施顧客獲得 技術投資 値下げ 効率改善
    • IDCによるAWSのROIの調査 5 年間で 70%のコスト削減 $2.96M 開発、展開コストは85%削減 アプリケーションの管理コスト は52%削減 インフラのサポートコストは $0.90M 56%削減Source IDC Whitepaper, sponsored by Amazon, “The Business Value of Amazon Web Services Accelerates Over Time.” July 2012
    • AWS プラットフォーム
    • AWS プラットフォーム 展開と管理 アプリケーションサービスコンピュート ストレージ データベース ネットワーク AWS グローバルインフラストラクチャ―
    • AWS グローバルインフラストラクチャ―グローバルに対応可能なセキュアで冗長性の高いクラウドインフラ リージョン 展開と管理 アベイラビリティ ゾーン アプリケーションサービス コンピュート ストレージ データベース ネットワーク エッジ・ロケーション AWS グローバルインフラストラクチャ―
    • 新たなアベイラビリティゾーンが 東京リージョンに、本日追加! キャパシティの拡大 Zone - A 冗長性が一層強化Zone - B Zone - C よりフレキシブルに
    • AWS ネットワーク サービス企業のインフラをAWSクラウドにシームレスに接続可能 Amazon Virtual Private Cloud VPNでAWSにネットワークトポロジを拡張 展開と管理 AWS Direct Connect 閉域網でのAWSへの接続 アプリケーションサービスコンピュート ストレージ データベース Amazon Route 53 ネットワーク スケーラブルなドメインネームサービス AWS グローバルインフラストラクチャー
    • コンピュート サービスLinuxとWindowsのスケーラブルなコンピュートサービス Amazon EC2 AWSクラウド上の仮想サーバ 展開と管理 Auto Scaling アプリケーションサービス ルールベースでEC2をスケーリングコンピュート ストレージ データベース Amazon Elastic Load Balancing ネットワーク EC2のための仮想ロードバランサー AWS グローバルインフラストラクチャー
    • ストレージサービススケーラブルで信頼性が高く、パフォーマンスの高いストレージ Amazon S3 信頼性が高く高いスケールを持つ オブジェクトストア 展開と管理 アプリケーションサービス Amazon Elastic Block Store EC2のための永続的なブロックストレージ コンピュート ストレージ データベース ネットワーク AWS Storage Gateway 企業のデータをS3にシームレスに AWS グローバルインフラストラクチャ― バックアップ
    • データベースサービス Amazon DynamoDB ハイパフォーマンスなスケーラブルで可用性の高い NoSQLデータベースサービスデータベースサービス Amazon RDS マネージドなOracle、MySQL 、 Microsoft SQL server 展開と管理 アプリケーションサービスコンピュート ストレージ データベース ネットワーク Amazon ElastiCache AWS グローバルインフラストラクチャー マネージド Memecached サービス
    • アプリケーションサービス エコシステム一般的にアプリケーションとして セキュリティニーズのある要件を抽象化して、 サービスパートナー様がAWS上のサービスとして提供 ログ解析 サービス 展開と管理 デベロッパー サービス アプリケーションサービス BI サービスコンピュート ストレージ データベース ネットワーク テスト サービスAWS グローバルインフラストラクチャー
    • 展開と管理 AWS エコ AWS Management Console システム企業が必要とするアプリケーション Webベースの管理インターフェースの機能を置き換えるマネージドな3rdパーティのサービス AWS IAM アイデンティティとアクセス管理 Amazon CloudWatch 自働化されたモニタリングとアラート 展開と管理 AWS CloudFormation 自動化されたAWSリソースプロビジョニング アプリケーションサービス AWS Elastic Beanstalkコンピュート ストレージ データベース Java, PHP, and .NET App の展開と管理 ネットワークAWS グローバルインフラストラクチャー
    • AWS のイノベーションのペース 82 Including: 68 61 AWS Oregon Region Elastic Beanstalk (Beta) AWS Storage Gateway Amazon RDS on Amazon Amazon SES (Beta) Including: VPC AWS CloudFormation Amazon SNS AWS IAM Identity Amazon RDS for Oracle Federation Amazon CloudFront AWS Direct Connect Windows Free Usage Tier 48 Amazon Route 53 AWS GovCloud (US) Amazon Simple Workflow S3 Bucket Policies Service Amazon ElastiCache RDS Multi-AZ Support Introducing AWS Including: VPC Virtual Networking Marketplace RDS Reserved Databases Amazon RDS VPC Dedicated Instances AWS CloudSearch AWS Import/Export Amazon VPC SMS Text Notification RDS Oracle Enterprise AWS IAM Beta Manager 24 Amazon EMR CloudFront Live Streaming AWS Singapore Region EC2 Auto Scaling RDS MySQL Read Replica AWS Tokyo Region in VPC Cluster Instances for EC2 Including: EC2 Reserved Instances SAP RDS on EC2 Provisioned IOPS for Micro Instances for EC2 EC2 Elastic Load Balance 9 Amazon SimpleDB SAP BO on EC2 Amazon EBS Amazon Linux AMI Amazon Cloudfront AWS Import/Export Reserved Instances for Red Win Srv 2008 R2 on EC2 AWS Mngmt Console Oracle Apps on EC2 Hat Enterprise Linux Including: Amazon EBS Win Srv 2003 VM Import Win Srv 2008 on EC2 SUSE Linux on EC2 High I/O Instances for Amazon FPS EC2 Availability Zones Amazon S3 SSE Amazon EC2 VM Import for EC2 EC2 Elastic IP Addresses IBM Apps on EC2Red Hat Enterprise on EC2 2007 2008 2009 2010 2011 2012 (~Aug)
    • Amazon Glacierinfinite archival storage
    • 長期間のアーカイブに適したAmazon Glacier • 安全でコスト効率のよい外 部データ保管 • バックアップと復元のため のテープの置き換え • 履歴のある電子データの 長期デジタル保存
    • I/O Improvement Fast and Stable
    • Amazon EBS Provisioned IOPS 99.9%の確率で、プロビジョニン グされたI/O性能の10%の範囲内 の性能が出るよう設計 1ボリューム当たり1,000 IOPS まで ストレージ容量として1GB/1ヶ月 あたり0.125ドル、1 provisioned IOPSで1ヶ月あたり0.10ドルの従 量課金
    • High I/O Instances for EC2 ベースの高速でレイテンシーの 低いディスクI/O 高性能にクラスタ化されたデー タベースやCassandra, MongoDBといったNoSQLに最 適
    • 株式会社gloops 取締役CTO 池田 秀行 様
    • gloops, Inc. CTO Hideyuki Ikeda
    • もっと「おもしろい」を目指して! We’re seeking fun!!
    • 18本のゲームタイトルを運用中
    • 国内サービス規模2,000 ユーザー数(単位:万)1,500 ユーザー数:1800万人 150億PV / 月1,000 IDCに物理サーバー1300台 500 0 2010/03 2010/09 2011/03 2011/09 2012/03
    • 北米市場をターゲットに 体制を拡大中
    • • gloops International Inc.• Marketing / Research / QA / Studio
    • • gloops Vietnam Co., Ltd.• Development Studio
    • ソーシャルゲームの特徴• ソーシャルネットワーク上に展開• ヒットタイトルひとつで大きな成長も• 膨大なトラフィック量
    • システム構成Route53 python + Django memcached / Redis Cloud Watch ELB Sharding / Scaleout 遅延書き込み Queue WorkerCloud Front S3
    • Why AWS ?• 要求に応じたリソース確保• 物理制約からの解放• ゲームに必要とするI/O性能
    • 求められるI/O性能• 数万∼十万人規模の同時接続• プレイヤーのステータスは都度更新される• 最終的には必ずI/Oがボトルネックに 
    • High I/O EC2 Instance テキスト 2TBのローカルストレージ 従来のEBSに比べ圧倒的性能
    • High I/O EC2 Instance• 永続化の機能はない• データの冗長化はアプリケーション側で• semi-sync replicationのMaster-Slave構成
    • その他にもパワフルなBackend • Provisioned IOPS for EBS I/O性能を個別設定/永続化 • DynamoDB スケーラブルな高速NoSQL
    • 分析基盤をAWS上にも • 日々蓄積されるゲームのログ • 分析ドリブンなゲーム運用 • Hadoop分析基盤もEMR上に
    • 多くのツールはすぐに使える状態に クラウドを乗りこなして “Go Global !!”を
    • gloops crew募集中世界に向けて一緒に戦えるメンバーを!
    • クラウドコンピューティングの 7つの変革
    • これ以上のメリットをクラウドは提供可能...コスト削減 より速い実行
    • クラウドによって、実現可能なことが変革
    • 変革 その 1:分散処理アーキテクチャーをもっと簡単に High Availability
    • 既存のインフラで分散処理アーキテクチャーを 構築するのは困難…
    • クラウドが簡単にします 祖結合の 分散 Multi-AZ ビルディング サービス プロセス連携インフラ ブロック S3AWS Regions EC2 Instances SWF DynamoDB SNS Availability Zones Elastic Load RDS Balancer SQS
    • 共通パターンのためのアーキテクチャーテンプレート MICROSOFT SHAREPOINTaws.amazon.com/architecture
    • 変革 その 2:共有システムのセキュリティ アドバンテージを包括
    • アプリケーション: Your適切なセキュリティモデルを構築可能 Apps インフラ: AWS Security Infrastructure SOC 1/SSAE 16/ISAE 3402, よりセキュリティレベルの ISO 27001, PCI DSS, HIPAA, ITAR, FISMA Moderate, FIPS 140-2 高いインフラを提供
    • Kit, go faster 変革 その3:アーキテクチャーによる スケーリングから Yes コマンドによる Michael スケーリングへ
    • アーキテクチャーによるスケーリング: NoSQL データベースクラスタより多くの コンフィグと シャーディングと 繰り返しサーバセット チューニング レプリケーション 作業 アップ
    • Amazon DynamoDBでのコマンドによるスケールAmazon DynamoDB データは自動的にミリ秒の レイテンシーを実現するの に十分なハードウェア に分散
    • 朝日新聞社国際ビジネスマネージャー 池田 伸壹 様
    • AWS Summit 2012 Tokyo “Go Global” with The Asahi Shimbun asj.asahi.com 2012/9/13
    • なぜ 朝日新聞が? 1879年1月25日創刊 1日平均で120万字 250ページの文庫本8冊分 毎日1400トンの紙を使用 163センチ幅で東京・ニューヨークを往復 ジェット機1機 ヘリコプター4機を所有 2400人が日本と世界で取材 年間93000人が社を見学 asj.asahi.com 2012/9/13
    • 新聞社と技術 • 伝書鳩 • 飛行機の活用 • ファクシミリ • 大型コンピュータを導入した新聞システム • インターネットを活用した報道 • 携帯電話を活用した報道と課金 asj.asahi.com 2012/9/13
    • asj.asahi.com 2012/9/13
    • 新聞社の国際事業は • 「英字新聞」発行(日本国内主体)が柱だった 紙からデジタルへ • 多言語で世界に向けて発信 英語(2011年)、中国語(2012年)、韓国語(2012年) • アジアで最も信頼される メディアに • 日本やアジアで何かが起こったとき、必ず「読みたい」「参 考にしたい」 自由で独立した報道機関 asj.asahi.com 2012/9/13
    • Webサイト構築の基本要件 • 1.グローバル 例えば、中国語であれば、中国に近いデータセンターを利用すると いったことができるか • 2.小さくスタート 最初から大規模なシステム環境を用意してしまうと、変化に対応し にくいため、小さく始めて必要に応じて拡大できること。 • 3.多言語対応 英語だけでなく、中国語や韓国語も視野 asj.asahi.com 2012/9/13
    • 2011年3月11日 • 大震災でプレゼンテーションは延期 秋の開設に向け構築ベンダー数社から話を聞くところだった • Facebookの英文情報発信に大反響 「いいね!」は震災前の80人から10000人規模へ (現在は15万人 中国語では、、、) 日本のメディアによる国際発信の 必要性 使命 「3.11」を発信しつつ作業を再開 日本技芸のCMSとamazonのAWSに決定 ajw.asahi.com 2012/9/13
    • トップページは後回し • 2011年5月26日にサイトをオープン • 4月12日の最初のミーティングから1月半 • 震災の記事からスタート • 読者ニーズから – すべての震災関係の記事に地図、地理情報 – 福島第一原発の状況をアニメーションで見せる といった工夫を段階的に行う 朝日新聞一面にサイト開設を告知したのは 2011年10月21日 asj.asahi.com 2012/9/13
    • ajw.asahi.com asj.asahi.com 2012/9/13
    • 中国語、韓国語を相次いで立ち上げ2012年4月17日開設 2012年5月14日 asj.asahi.com 2012/9/13
    • クラウドの威力中国共産党関連の記事などで中国からのアクセスは着実に増加していたが、尖閣諸島のニュースで一日で約4倍になったが、 asj.asahi.com 2012/9/13
    • アジアで最も信頼されるメディアを育てるためあらゆる可能性を探っていきたい asj.asahi.com 2012/9/13
    • Let’s go global with us.ご清聴ありがとうございました。 asj.asahi.com 2012/9/13
    • 変革 その4:全てのデベロッパーの手にスーパーコンピューターを
    • スーパーコンピューターの利用は エリートの特権だった高価時間の割り当て「価値の高い」仕事にのみ適用
    • 全ての人に、時間課金でスーパーコンピューターをAWS built the 42nd fastest supercomputer in the world1,064 Amazon EC2 CC2 instances with17,024 cores240 teraflops cluster (240 trillion calculations per second)Less than $1,000 per hour
    • 2000万ドルの投資をする代わりに、 SCHRODINGERが利用したAWSのリソース 50,000 Cores……. 3 Hours……. $4,828/hr ……..
    • 変革 その5:沢山の実験と早い失敗体験
    • 従来のインフラでは失敗のコストが膨大で イノベーションが進みにくいHow many big tickettechnology ideas can yourbudget tolerate?
    • AWSで沢山の実験と早い失敗体験を 失敗のコストが劇的に低減   新しいアイディアに簡単にトライ   リスクテイクが多くなることで、多くのイノベーションにつながる      
    • 変革 その6:ビッグデータ処理にビッグなサーバは不要
    • ビッグデータの問題は複雑であるべきではない巨大なデータウェアハウス データ処理のための高価なに巨大なデータボリューム サーバクラスタへの投資 を保管
    • クラウドでもっとシンプルに Hadoop Clusters Amazon S3Amazon DynamoDB Amazon EMR クラウドに データ分析を 結果を可視化 データをロード 管理 1 2 3
    • 変革 その7:モバイル時代のためのモバイルエコシステム
    • モバイルアプリケーションをそれ自体に構築するの は困難
    • Rich media experienceLocation context awareReal-time presence drivenSocial graph basedUser generated contentRecommendationsIntegration w/ social networksVirtual goods economyAdvertisement / premium supportMulti-device access
    • クラウドコンピューティングの7つの Cloud Mobile Ecosystem 変革1. 分散処理アークテクチャーをより簡単に2. 共有システムのセキュリティアドバンテージ3. アーキテクチャーによるスケーリングからコマ ンドによるスケーリングへ4. 全てのデベロッパーの手にスーパーコンピュー ターを5. 沢山の実験と早い失敗体験6. ビッグデータ処理にビッグなサーバは不要7. モバイル時代のためのモバイルエコシステム
    • The Cloud Makes “Go Global” easier.初期投資を削減Time to Marketを早くリーンスタートアップのアプローチ
    • ブイキューブ 代表取締役間下 直晃 様
    • See You at AWS re:Invent
    • Thank You!