[AWS Summit 2012] クラウドデザインパターン#2 CDP 画像・動画配信編

2,565
-1

Published on

クラウドデザインパターン#2
CDP 画像・動画配信編

登壇者名・社名 片山 暁雄(アマゾン データサービス ジャパン株式会社)

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,565
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
49
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

[AWS Summit 2012] クラウドデザインパターン#2 CDP 画像・動画配信編

  1. 1. AWSクラウドデザインパターン -コンテンツ配信編-
  2. 2. 自己紹介 名前 片山 暁雄 所属 アマゾンデータサービスジャパン ソリューションアーキテクト ID @c9katayama 好きなAWSサービス Amazon Simple Workflow 好きなCDP CloudDI
  3. 3. AWSクラウドデザインパターンとは... AWSクラウドを使ったシステムアーキテクチャ設計を 行う際に発生する、典型的な問題とそれに対する解決 策・設計方法を、分かりやすく分類して、ノウハウとし て利用できるように整理したもの。
  4. 4. 例えば... (CloudDI) 解決したい課題  構造 大量のサーバを構築する際、1つづつ 行なうと工数が大きいが、DB接続先な どは構築時に決めたい クラウドでの解決 パラメータを外だししておく事で、柔 軟にサーバ初期化が行える 実装 EC2起動時にタグ付けを行ない、EC2 内部からタグを読み取ることで、それ に応じた設定を行なう 利点 StampパターンやBootstrapパターン と組み合わせて、柔軟な初期化が行え る 注意点 タグは文字数制限があるため、長い設 定項目の場合は、設定ファイルのある S3のURLを設定するなど工夫が必要
  5. 5. Webでノウハウを共有WIKIhttp://aws.clouddesignpattern.org/index.php FACEBOOK https://www.facebook.com/awscdp
  6. 6. 書籍でノウハウを共有Amazon Web Services クラウドデザインパターン 設計ガイド http://www.amazon.co.jp/dp/4822211967/
  7. 7. CDPカテゴリ (2012.09.13現在) 基本  静的コンテンツを処理  運用保守 Snapshot Web Storage Bootstrap Stamp Direct Hosting Cloud DI Private Distribution Stack Deployment Scale Up Cache Distribution Ondemand Disk Server Swapping Rename Distribution Monitoring Integration 可用性を向上 Web Storage Archive  データをアップロード Weighted Transition Multi-Server Write Proxy Hybrid Backup Multi-Datacenter Storage Index Floating IP Direct Object Upload Deep Health Check  ネットワーク  リレーショナルデータベース On-Demand NAT 動的コンテンツを処理 DB Replication Backnet Read Replica Functional Firewall Scale Out In-memory DB Cache Operational Firewall Clone Server Sharding Write Multi Load Balancer NFS Sharing WAF Proxy NFS Replica  バッチ処理 Cloud Hub State Sharing Queuing Chain URL Rewriting Priority Queue Rewrite Proxy Job Observer Cache Proxy Scheduled Autoscaling Scheduled Scale Out
  8. 8. シナリオ コンテンツ配信編
  9. 9. このシナリオCDPコンテンツ配信編雲の写真を載せるブログサイト開始はじめは個人的に開始次第にサイトが大きく・・・
  10. 10. 本実装シナリオの狙い個人で運営するブログサイトを取り上げ、 を持つコンテンツ配信システム構築に AWSを活用した実装方法を解説
  11. 11. 利用環境・ソフトウェアAmazon Linux (64bit)Movable Type 5.12 (MTOS)Apache HTTP Server 2.2.21MySQL 5.1.52Perl 5.10.1S3FS 1.61
  12. 12. 雲の写真を載せるブログサイト開始MovableTypeをEC2にイン ストールRoute53でDNS管理 月額約50円サーバ1台で運用 t1.microで月額約1600円 アカウント作れば1年間無料
  13. 13. 初期のデザイン Amazon Route 53 www.clouddesignpattern.org EIP Blog システム EC2 インスタンス (t1.micro)
  14. 14. 動画、過去画像集を公開ユーザー要望により動画や過去画像集を公開サイズが大きく、ダウンロード負荷の高いコ ンテンツの配信サーバの台数増は費用がかかる必要なディスク容量・ネットワーク帯域は未 知数
  15. 15. Web Storageパターン アクセス負荷の高い動画 や画像コンテンツを、 Amazon S3に逃がすパ ターン S3のWebサーバ機能を利 用する EC2に比べて安価 サーバ稼働費用が不要
  16. 16. DEMOWebStorage
  17. 17. 動画や過去画像はS3へ data.clouddesignpattern.org www.clouddesignpattern.orgメインサイトから S3上のコンテンツへ EIP リンクを作成 Blog システム EC2 インスタンス (t1.micro)
  18. 18. まさかの大人気サイト化 積乱雲! 積乱雲! 日本には想像以上の雲マニアがいた
  19. 19. まさかの大人気サイト化アクセス過多で、つながりにくい状態にサーバを増やせば対応出来るしかし費用がかかる・・・
  20. 20. Direct Hostingパターン配信のメインサイト として、EC2ではな くS3を使用スタティックパブ リッシングを利用し、 MT生成ファイルを S3へ
  21. 21. Amazon S3S3自体が負荷分散・冗長化されているた め、アクセスが増えても問題ないメンテナンスフリー S3 S3 S3
  22. 22. S3をメインサイトに data.clouddesignpattern.org www.clouddesignpattern.org EIP Blog システム EC2 インスタンス (t1.micro)
  23. 23. DEMODirect Hosting
  24. 24. まさかの海外展開 世界の雲マニアがサイトを発見 海外ニュースサイトへの掲載が決定
  25. 25. Cache Distributionパターンユーザーに近い場所からの配信世界各地のエッジサーバを利用し、オリジン サーバのコンテンツをキャッシングAmazon CloudFrontを使用よりよいレスポンスと負荷分散を実現
  26. 26. CloudFrontを利用した配信3つのサブドメインを使用 www,data,mt S3から配信するデータは、Contents Distributionパ ターンを適用 ブログコンテンツ 動画・画像集 コンテンツ管理・ コメント投稿
  27. 27. デザイン推移 海外 動画 人気
  28. 28. その他 適用可能なパターンStorage Indexパターン  S3上に配置した動画や画像アーカイブを検索Write Proxyパターン  動画アップロードを一旦EC2で受けて高速化Private Cache Distributionパターン  会員向け動画や画像の個別配信Direct Object Uploadパターン  投稿者がS3への直接画像や動画をアップロード
  29. 29. まとめデザインパターンを活用し システム規模に合わせた可用性を持つシステム を構築が可能に 低コストで耐障害性の高いシステムを簡単に構 築することが可能に システムが拡大しても、運用者の負担を削減す る仕組みづくりが可能に
  30. 30. まとめ (改善・革新) 今までできていたことを、改善 より早く、簡単に、安く実現できる 今までできなかったことが革新 実現できる
  31. 31. CDPでAWSをもっと楽しく
  32. 32. ご清聴ありがとうございました。 FACEBhttps://www.facebook.com/awscdp

×