[AWS re:invent 2013 Report] Amazon RDS PostgreSQL
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

[AWS re:invent 2013 Report] Amazon RDS PostgreSQL

on

  • 1,431 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,431
Views on SlideShare
1,399
Embed Views
32

Actions

Likes
3
Downloads
7
Comments
0

10 Embeds 32

https://cybozulive.com 20
https://www.facebook.com 4
https://m.facebook.com&_=1386977289889 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1386891263945 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1386857937889 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1386856101133 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1386855355153 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1386853000841 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1386852703479 HTTP 1
https://m.facebook.com&_=1386853399161 HTTP 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    [AWS re:invent 2013 Report] Amazon RDS PostgreSQL [AWS re:invent 2013 Report] Amazon RDS PostgreSQL Presentation Transcript

    • Amazon RDS for PostgreSQL アマゾンデータサービスジャパン株式会社 エマージングソリューション部 部長/ソリューションアーキテクト 大谷 晋平 #reinvent
    • RDSのおさらい AWSが提供するマネージドRDBサービス バックアップ、パッチ適用、可用性向上等の設計・運用作業をAWS 側で実施することで、リスクや作業負担を激減 Oracle/SQLServer/MySQLに対応し、既存ライセンスの持ち込 みや、AWS独自の従量課金ライセンスも利用可能 バックアップ設定、障害/災害対策実施済みDB構築が簡単に可能 構築作業不要 自動障害/災害 対策 独自の従量課 金ライセンス AZ-a 自動フェイルオーバー AZ-b 自動サイト間転送 (同期) リードレプリカ (参照専用、非同期) *DBMSによって未対応の機能がございます 2
    • RDS for PostgreSQL
    • RDS for PostgreSQL PostgreSQL 9.3.1をサポート RDSの主要な下記機能を全リージョンで利用可能 • • • • • • • • マルチAZ 自動バックアップ、ポイントインタイムリカバリ メンテナンスウインドウ プロビジョンIOPS インスタンスサイズの変更(db.t1.microからdb.cr1.8xlarge) VPCサポート 事前によくチューニングされたパラメータ設定 RDSにおけるイベントの通知 以下はまだサポートしてません • リードレプリカ
    • RDS for PostgreSQL(2) PostgreSQLの機能サポート • PostGIS • 地図情報アプリケーション構築時のデファクトデータベース • 言語エクステンション • Perl、pgSQL、TCLでプロシージャ作成を可能に • フルテキストインデクシング • 自然言語処理で使いやすいように
    • 利用方法
    • 例:PostGISのロード CREATE EXTENSIONで以下モジュールをロード • postgis, fuzzystrmatch, postgis_tiger_geocoder, postgis_topology 作成されたスキーマのオーナーをrds_superuserに • alter schema tiger owner to rds_superuser; • alter schema topology owner to rds_superuser; FUNCTIONで一括でOWNER変更
    • パラメータグループとpg_settings PostgreSQLの場合もパラメータグループを調節可能 • 184個の設定項目があり、変更する事で細かい調節が可能 • ただしデフォルトの設定はRDSチームが良くチューンしている 個別作成する場合はdefault.postgres9.3パラメータグ ループをコピーして新規作成し、そちらを利用するよう に設定
    • まとめ RDSでPostgreSQLが利用できるようになった RDSの様々な主要機能が全リージョンで最初から利用可 能なので、PostgreSQLの運用管理負荷が大幅に軽減 PostgreSQLで利用される標準的なモジュールは最初か ら利用可能な状態になっているため、運用管理が楽