[AWS re:invent 2013 Report] 出張レポート
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

[AWS re:invent 2013 Report] 出張レポート

on

  • 1,184 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,184
Views on SlideShare
1,183
Embed Views
1

Actions

Likes
1
Downloads
7
Comments
0

1 Embed 1

https://twitter.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

[AWS re:invent 2013 Report] 出張レポート [AWS re:invent 2013 Report] 出張レポート Presentation Transcript

  • 出張レポート #reinvent 2013年12月02日 © 2013 Amazon.com, Inc. and its affiliates. All rights reserved. May not be copied, modified, or distributed in whole or in part without the express consent of Amazon.com, Inc.
  • 11月12日 (火) 〜 11月15日 (金) の4日間 ラスベガス・ベネチアンホテルで開催 http://bit.ly/reinvent2013 re:Inventに合わせ、多くの新サービスと新機能が追加 Amazon WorkSpaces Amazon AppStream Amazon Kinesis AWS CloudTrai Amazon RDS PostgreSQL engine support Cross Region Read Replica Cross Region Snapshot New EC2 Instances
  • re:Inventのデベロッパーアクティビティ View slide
  • GameDayとは • あるシステムを少人数チームで構築し、攻撃と修復側で システムのレジリエンシを高めるための訓練 • 攻撃する側と守備する側でIAMキーを交換 • 決められたルールにのっとり、攻撃側は構築したシステ ムのAWS部分を攻撃し、攻撃内容を記録 • 守備側は攻撃された内容を把握し、攻撃前の状態に戻 せるよう復元する • 最後に攻撃・守備側で相互に内容を評価 View slide
  • re:Invent GameDay • re:Invent前日実施で、参加者250名 • 専任チームを作り、対応 • IAMでのキーの交換を自動的・ランダムに行う仕組 みを構築し、対戦者を特定させない • IAMキー交換時に権限を限定する仕組み
  • GameDay
  • ハッカソン
  • ハンズオンラボ、認定試験
  • アイレットさん大活躍
  • Re:Play
  • SAお勧め!ブレイクアウトセッション
  • re:Invent 2013 ブレイクアウトセッション概要 • 3日間で204のブレイクアウトセッション • 4つのレベル分け(100,200,300,400) – 50%以上が300,400レベル • 12のトラック Architecture(ARC) App Service(SVC) Big Data+HPC(BDT) Compute+Networking(CPN) Databases (DAT) Deployment + Management (DMG) Enterprise IT (ENT) Digital Media (MED) Mobile+ Gaming(MBL) Partners, Security (SEC) SDK + Tools (TLS) Storage (STG)
  • 6 7 27 12 13 26 13 17 25 18 19 21 Big Data+HPC(BDT Enterprise IT Architecture Security Databases Compute+Networking Deployment + Management Storage Mobile+Gaming App Service( Digital Media
  • STG302 Maximizing EC2 and EBS Disk Performance • EBS使っている人はこれは見ましょう! • 見てない人はいつかモグリと言われます! • さすがMilesといった内容でした。EBSのI/Oに関す る解説が非常にわかりやすいのと、それを裏付ける データも合わせて紹介していました。 チョウ スゴイ!!
  • ARC305 How Netflix Leverages Multiple Regions to Increase Availability • AZ障害も経験され、リアルな苦労話が満載でした。 • 基本的にStatelessを前提にアプリは全て組む方針 のようですが、どうしてもStatefulにせざるを得ない アプリはCassandraを使ってリージョン間でデータ のSyncをたえず行っているとのことです。
  • BDT303 Using AWS to Build a Graph-Based Product Recommendation System • • • Graphをベースにレコメンデーションの算出を行っている事例です。 「商品を見た」、「カートに追加」等々のアクションでエッジの重みづけを変えている。 Groovyから派生した「Gremlin」と呼ばれるグラフへのクエリー言語を利用しているとの ことです。
  • SEC305 DDoS Resiliency with Amazon Web Services • Route53がどういう形でDDoS対策になるかをとて もクーーーーールな絵で説明してくれてます • Route53のネームサーバの動きもビジュアルに解 説 • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/ddos-resiliency-with-amazon-web-services-sec305-aws-reinvent-2013
  • CPN401 A Day in the Life of a Billion Packets • VPCの仕組みがわかる話。VPC使っている人なら 必須 • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/a-day-in-the-life-of-a-billion-packets-cpn401-aws-reinvent-2013
  • DAT304 Mastering NoSQL: Advanced Amazon DynamoDB Design Patterns for Ultra-High Performance Apps • DynamoDBの利用イメージとテーブル設計が具体 例付きで解説されているいいセッション • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/amazon-dynamodb-design-patterns-for-ultrahigh-performance-apps-dat304aws-reinvent-2013-28436991
  • SPOT201 Managing the Pace of Innovation: Behind the Scenes at AWS • どうやってAWSのようにイノベーションを 起こせるようになるか。 • サービスを作る人向け。ただしスライドは あんまり意味がないので、ストリーミング で見て下さい! 大谷推薦
  • その他 • DMG203 AWS Billing Deep Dive – 一部のBillingマニア必見 – http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/aws-billing-deep-dive-dmg203-aws-reinvent-2013 • STG402 Advanced EBS Snapshot Management – EBSスナップショット用スクリプト「Arche」の紹介 • https://github.com/AWSLabs/arche – EC2 consistens snapshotの作者Eric Hammondさん降臨で会場大 興奮 • https://github.com/alestic/ec2-consistent-snapshot
  • Resources • http://reinvent.awsevents.com/ • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/ presentations
  • 来年もぜひご参加を!!