[AWS re:invent 2013 Report] 出張レポート
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,327
On Slideshare
1,326
From Embeds
1
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
7
Comments
0
Likes
1

Embeds 1

https://twitter.com 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 出張レポート #reinvent 2013年12月02日 © 2013 Amazon.com, Inc. and its affiliates. All rights reserved. May not be copied, modified, or distributed in whole or in part without the express consent of Amazon.com, Inc.
  • 2. 11月12日 (火) 〜 11月15日 (金) の4日間 ラスベガス・ベネチアンホテルで開催 http://bit.ly/reinvent2013 re:Inventに合わせ、多くの新サービスと新機能が追加 Amazon WorkSpaces Amazon AppStream Amazon Kinesis AWS CloudTrai Amazon RDS PostgreSQL engine support Cross Region Read Replica Cross Region Snapshot New EC2 Instances
  • 3. re:Inventのデベロッパーアクティビティ
  • 4. GameDayとは • あるシステムを少人数チームで構築し、攻撃と修復側で システムのレジリエンシを高めるための訓練 • 攻撃する側と守備する側でIAMキーを交換 • 決められたルールにのっとり、攻撃側は構築したシステ ムのAWS部分を攻撃し、攻撃内容を記録 • 守備側は攻撃された内容を把握し、攻撃前の状態に戻 せるよう復元する • 最後に攻撃・守備側で相互に内容を評価
  • 5. re:Invent GameDay • re:Invent前日実施で、参加者250名 • 専任チームを作り、対応 • IAMでのキーの交換を自動的・ランダムに行う仕組 みを構築し、対戦者を特定させない • IAMキー交換時に権限を限定する仕組み
  • 6. GameDay
  • 7. ハッカソン
  • 8. ハンズオンラボ、認定試験
  • 9. アイレットさん大活躍
  • 10. Re:Play
  • 11. SAお勧め!ブレイクアウトセッション
  • 12. re:Invent 2013 ブレイクアウトセッション概要 • 3日間で204のブレイクアウトセッション • 4つのレベル分け(100,200,300,400) – 50%以上が300,400レベル • 12のトラック Architecture(ARC) App Service(SVC) Big Data+HPC(BDT) Compute+Networking(CPN) Databases (DAT) Deployment + Management (DMG) Enterprise IT (ENT) Digital Media (MED) Mobile+ Gaming(MBL) Partners, Security (SEC) SDK + Tools (TLS) Storage (STG)
  • 13. 6 7 27 12 13 26 13 17 25 18 19 21 Big Data+HPC(BDT Enterprise IT Architecture Security Databases Compute+Networking Deployment + Management Storage Mobile+Gaming App Service( Digital Media
  • 14. STG302 Maximizing EC2 and EBS Disk Performance • EBS使っている人はこれは見ましょう! • 見てない人はいつかモグリと言われます! • さすがMilesといった内容でした。EBSのI/Oに関す る解説が非常にわかりやすいのと、それを裏付ける データも合わせて紹介していました。 チョウ スゴイ!!
  • 15. ARC305 How Netflix Leverages Multiple Regions to Increase Availability • AZ障害も経験され、リアルな苦労話が満載でした。 • 基本的にStatelessを前提にアプリは全て組む方針 のようですが、どうしてもStatefulにせざるを得ない アプリはCassandraを使ってリージョン間でデータ のSyncをたえず行っているとのことです。
  • 16. BDT303 Using AWS to Build a Graph-Based Product Recommendation System • • • Graphをベースにレコメンデーションの算出を行っている事例です。 「商品を見た」、「カートに追加」等々のアクションでエッジの重みづけを変えている。 Groovyから派生した「Gremlin」と呼ばれるグラフへのクエリー言語を利用しているとの ことです。
  • 17. SEC305 DDoS Resiliency with Amazon Web Services • Route53がどういう形でDDoS対策になるかをとて もクーーーーールな絵で説明してくれてます • Route53のネームサーバの動きもビジュアルに解 説 • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/ddos-resiliency-with-amazon-web-services-sec305-aws-reinvent-2013
  • 18. CPN401 A Day in the Life of a Billion Packets • VPCの仕組みがわかる話。VPC使っている人なら 必須 • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/a-day-in-the-life-of-a-billion-packets-cpn401-aws-reinvent-2013
  • 19. DAT304 Mastering NoSQL: Advanced Amazon DynamoDB Design Patterns for Ultra-High Performance Apps • DynamoDBの利用イメージとテーブル設計が具体 例付きで解説されているいいセッション • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/amazon-dynamodb-design-patterns-for-ultrahigh-performance-apps-dat304aws-reinvent-2013-28436991
  • 20. SPOT201 Managing the Pace of Innovation: Behind the Scenes at AWS • どうやってAWSのようにイノベーションを 起こせるようになるか。 • サービスを作る人向け。ただしスライドは あんまり意味がないので、ストリーミング で見て下さい! 大谷推薦
  • 21. その他 • DMG203 AWS Billing Deep Dive – 一部のBillingマニア必見 – http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/aws-billing-deep-dive-dmg203-aws-reinvent-2013 • STG402 Advanced EBS Snapshot Management – EBSスナップショット用スクリプト「Arche」の紹介 • https://github.com/AWSLabs/arche – EC2 consistens snapshotの作者Eric Hammondさん降臨で会場大 興奮 • https://github.com/alestic/ec2-consistent-snapshot
  • 22. Resources • http://reinvent.awsevents.com/ • http://www.slideshare.net/AmazonWebServices/ presentations
  • 23. 来年もぜひご参加を!!