Your SlideShare is downloading. ×
0
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
20120303 jaws summit-meister-03_s3
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

20120303 jaws summit-meister-03_s3

585

Published on

2012.3.3 JAWS SUMMIT 2012  …

2012.3.3 JAWS SUMMIT 2012 
マイスターリターンズにて紹介された資料です。

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
585
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
22
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. AWSマイスターシリーズAmazon S3(#jawsug #マイスター) 2012年03月03日 大谷 晋平 (@shot6 ) ソリューションアーキテクト
  • 2. アジェンダS3とは?S3のコンセプトS3の機能まとめ
  • 3. AWSサービス一覧 お客様のアプリケーション ライブラリ & SDKs IDE プラグイン デプロイと自動化 Web インターフェース Java, PHP, .NET, Eclipse AWS Elastic Beanstalk Python, Ruby Management Console AWS CloudFormation Visual Studio ネットワーク&ルーティング 認証 & 請求 Amazon VPC AWS IAM モニタリング スケーリング Amazon Elastic LB Identity Federation Amazon CloudWatch Auto Scale Amazon Route 53 Consolidated Billing AWS Direct Connect コンテンツ配信 メッセージ通知 キューイング 分散処理 メール配信 Amazon Amazon SNS Amazon SQS Elastic MapReduce Amazon SES CloudFront ストレージ データベース コンピュータ処理 Amazon S3 Amazon RDS Amazon DynamoDB Amazon EC2 Amazon EBS Amazon SimpleDB AWS Storage Gateway Amazon Elasticache AWS のグローバルなインフラ
  • 4. S3とは?S3はWeb時代のストレージユーザはデータを安全にどこからでも保存可能AWSの主力サービスの1つ。2006年から開始開発者が“Webスケール”なコンピューティングを可能にするよう設計された  高いスケーラビリティ  高い信頼性・堅牢性  セキュア  高速  低価格
  • 5. S3の用語 バケット  オブジェクト置場。最大100/アカウント。名前がユニークな必 要あり オブジェクト  S3に置くファイルでURLによるアドレスが付与。バケット内に は無制限にオブジェクトを置くことが可能。1オブジェクトのサ イズは5TBまで キー  オブジェクト毎に付与される一意なキー ACL  アクセスコントロールリスト
  • 6. S3のネームスペース Amazon S3 バケット バケットオブジェクト オブジェクト オブジェクト オブジェクト バケット オブジェクト オブジェクト
  • 7. S3 –実例にあてはめてみる - Amazon S3 mculver-images media.mydomain.comBeach.jpg 2009/maui/sun.jpg img1.jpg img2.jpg public.blueorigin.com Installer.msi img/pic1.jpg
  • 8. S3のコンセプトDurable(堅牢であること)Available (いつでも利用可能であること)Scalable (スケールすること)Secure (安全であること)Fast (高速に動くこと)Simple (シンプルに使えること)Cost Effective (低コストであること)
  • 9. Durable(堅牢であること)ファイルを失わない設計  データを3箇所以上にレプリケーション  障害検知とデータ修復  2006年サービス開始以来データロストなし99.999999999%の堅牢性を誇る  3つ以上同時にDCが消失しない限りデータ を失わない
  • 10. Available(常に利用可能なこと)常に利用可能なように設計  99.9%可用性SLA、実際はほぼ100%計画停止無し全世界からどの地域でもインターネット経由で利用可能  異なる8つのリージョンから選択
  • 11. Scalable(スケールすること)論理的には無限にスケールするどれだけのファイルでも保存可能  1バイトから1PBまでいくらでも保存可能  1つのファイルサイズは最大5TBまで
  • 12. Secure(安全であること)全ての通信はSSL暗号化認証・認可機能を持つ  ACLベース/ポリシーベース  ユーザアクセスコントロール暗号化機能を持つ  サーバサイド/クライアントサイド暗号化ログ機能認定・認証の取得
  • 13. Fast(高速であること)ピーク時最大50万RPS常に安定したレイテンシ世界8か所にリージョン展開  最も近い場所を利用可能専用線で直結も可能
  • 14. Simple(シンプルに使えること)ファイルのPUT/GET/DELETE/LIST  これだけ。とってもシンプル  データサイズも数も気にしなくてよいサードパーティツールでFTPライクに利用SDKで様々な言語からすぐに利用可能PutObjectRequest putObjectRequest = new PutObjectRequest(bucketName, key, file);PutObjectResult result = this.client.putObject(putObjectRequest);
  • 15. Cost Effective(低コストなこと) 従量課金で使った分だけお支払い 初期費用もいらない コストは下げ続けている  2012年2月に13%値下げ ストレージ 旧 (GB / 月) 新 (GB / 月) 最初の1TB $0.150 $0.130 次の49TB $0.135 $0.115 $0.120 次の450TB $0.100 次の500TB $0.105 $0.095 次の4000TB $0.090 $0.085 5000TB以上 $0.065 $0.060
  • 16. S3のコンセプトDurable(堅牢であること)Available (いつでも利用可能であること)Scalable (スケールすること)Secure (安全であること)Fast (高速に動くこと)Simple (シンプルに使えること)Cost Effective (低コストであること)
  • 17. S3のよくある利用例コンテンツの保存と配信  メディア・エンターテイメントのコンテンツ  ソフトウェアの配信大規模データ分析のストレージ・データオリジナル  オンラインストレージ  アプリケーションそのもののストレージバックアップやディザスタリカバリ。低価格かつ安心のテープの代替  サーバのバックアップ  個人的なバックアップ • 複数端末での共有
  • 18. European Space Agencyデータ配信用の衛星写真およびデータをS3に保存ESRIN: center of the European Space Agency forthe Earth Observation Programs (*)  地球の衛星写真を生成し保存  EUの政府団体やNGOなどのデータ配信の元 (*) Source : http://www.esa.int/esaMI/ESRIN_SITE/index.html
  • 19. Oracle Secure CloudBackupでDBのデータもS3 へ保存
  • 20. AWS自体もユーザAWSサービスの中心にS3がある EC2 EBS … … S3 … EMR Dyna … mo DB
  • 21. S3を通じて実現したいことお客様がデータを安心して預けられる、サービスの提供 データが安全に保管されている データが取りたい時に常に取れる データを保存したい時に常に保存できる データが誰がいつアクセス出来るかを完璧 にコントロールできる データ保存が低価格で実現できる

×