Pyfes201211
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Pyfes201211

on

  • 951 views

Python Developer Festa 2012.11での発表スライドです。一部の内容を割愛しています。

Python Developer Festa 2012.11での発表スライドです。一部の内容を割愛しています。

Statistics

Views

Total Views
951
Views on SlideShare
834
Embed Views
117

Actions

Likes
5
Downloads
1
Comments
0

1 Embed 117

https://twitter.com 117

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Pyfes201211 Pyfes201211 Presentation Transcript

  • 出版ネタ Akihiro Takizawa(@turky) pyfes 2012.11
  • お前誰よ? •  Akihiro Takizawa twitter: @turky 株式会社オライリー・ジャパン•  電子コンテンツに関するお仕事をしています。 •  生き別れの兄がこの会場で何か話をしたらしいの ですが、僕は何も知らないので質問はしないでく ださい
  • Disclaimer •  このプレゼンテーションの内容は、個人の体験に 基づくもので、業界の全体像を描き出すものでは ありません。•  このプレゼンテーションの内容は、私の勤務先で の業務とは一切関係ありません。勤務先の実態を 示すものでもありません View slide
  • ワタクシの職歴 (現職以前) •  国書刊行会(1994-1996) •  倉庫(1年) •  営業(1年弱) •  経理(半年くらい) •  翔泳社(1996-2008) •  月刊誌(VBマガジン編集部、編集部員〜副編集長) •  季刊誌の立ち上げ(XML Magazine副編集長〜編集長) •  書籍編集(書籍を作ったことがほぼないのに編集長) •  季刊誌(PM Magazine、副編集長兼進行管理) …などなど View slide
  • 書籍と雑誌 •  書籍: 「著者」による単一の文脈による著作物 編集者の役割は著者さんの執筆をサポートすることが 中心 •  雑誌: 多数の「執筆者」による記事を、編集部の作成した文 脈によって編集する 今回は雑誌のお話
  • 最初の編集部で最初に配属された月刊誌編集部で、特集記事の最初の記事が未入稿のまま締切当日 (怖くて公開スライドには残せません)
  • 新雑誌を立ち上げたとき 新雑誌立ち上げに関わった時、当初2人で担当するはずだったのだけれど、もう一人が締切1月前くらいから無断欠勤。連絡も取れず。(怖くて公開スライドには残せません)
  • 以前、聞いた話その人が以前、所属していた某老舗IT出版社の雑誌で、規定のスケジュールで納品できない事態が発生。(怖くて公開スライドには残せません)
  • かつての上司に聞いた話当時、某テレビ雑誌の編集部に在籍していた時、突如開始されたGコード(懐かしい)。しかし、来週発売する分の原稿は既に印刷所に納めた後(怖くて公開スライドには残せません)
  • 締切【しめ・きり】•  雲の彼方から飛来するカタストロフ的事象。あら ゆる努力がこの1点において完遂することが期待 されており、その為にはあらゆる犠牲が求められ るという。 — 『日本大編集辞典』(民明書房刊) •  書籍の場合、発売日を遅らせることはあるけれど、 雑誌ではあり得ない(広告主との契約がある)
  • 雑誌を作る工程 •  取材については割愛しています•  ただし、執筆者が1つの雑誌で20名くらい、取材先は それ以上いることが普通なので、執筆の工程は複数 走っています
  • 書籍の編集部 •  基本的に1冊の書籍は1人の編集者が 担当 •  予算、人事、品質(内容)の コントロールは個々の編集者 •  編集長のお仕事は、各編集者の 進捗管理 •  編集部が大きな場合に副編集長を置いて編集長の サポートを行うことがある
  • 雑誌の編集部 •  1冊の雑誌全体でひとつのプロジェクト •  予算、人事、品質(内容)のコントロールは編集 長以上が担う
  • 「雑誌編集長」のお仕事 •  雑誌で一番エラい人 •  役員や社長がいる場合もあるらしい •  雑誌に関する全ての権限を持つ •  予算、人事、品質など •  雑誌に何かあった時には責任を取る •  超ハードワーク •  やりたい事を持っていないとできない
  • 「副編集長」の役割 •  編集長の補佐役 •  特集記事を編集長が担当している場合、それ以外 の負担をかけないように捌く •  編集長の代わりに特集を担当したり、あるいは広 告主との窓口役になったりする•  大きな編集部では複数の副編集長が実務を統括し ていることもあるらしい
  • 「進行管理」 •  いわゆる編集業務とは別に、雑誌制作の進捗管理 を管理する職種 •  営業部門(雑誌営業、広告営業)との連絡役 •  編集部員から選任されたり、アシスタント的な立 場の人が担当することも •  締め切り間際の編集部に遅れてる原稿の督促をし たり、バナナを配ったり
  • 「進行管理」 •  「締切」と戦う上で中心的な役割を担うのでとて も重要•  「進行ができれば雑誌は作れる」 •  と言われたことがある•  「影の編集長」と呼ばれることも
  • 締切を引き延ばすテクニック •  印刷所との交渉 •  鯖の読み合い •  1冊の雑誌を、表紙や付録CD-ROM、カラーペー ジ、本文ページに分けて進行させる •  カラーやグラビアは印刷に手間がかかるのでそち らを優先させる
  • 締切を引き延ばすテクニック •  本文ページを台割ごとに進行 •  折単位で印刷工程に入れるように、 校正を行う記事の優先度を変える •  腕の良い制作進行担当は交渉上手
  • アナログ重要 •  デジタルな工程で制作工程の全てを進めていても 最終的にモノにするところは無くならない•  物理的な工程を知っていると、交渉の幅が広がる •  いろいろ便利
  • 締切が守れないと… •  「…僕は高校時代に新聞を作っていてしょっちゅ う印刷所に出入りしていたからわかるのだけど、 印刷所のおじさんというのは誰かの原稿が遅れた りすると徹夜をして活字を拾わなくてはならない。 気の毒である。印刷屋の植字工の家では奥さんが テーブルに夕食を並べてお父さんの帰りを待って いるのかもしれないのである」(『村上朝日堂の逆襲』朝日新聞社刊)
  • 本日のポイント •  他の業界の組織や専門用語は面白い •  出版社がITのプロセスから学べる事は沢山ある(勉 強させていただいてます) •  出版業のプロセスやチーム作りにも面白い点も沢山 ある(と思う) •  他の業界(飲食業、軍隊、音楽業界など)も
  • 本日のより重要なポイント 「締切」重要