AgileJapan2010 官公庁でも取り組み始めたアジャイル! NECソフトウェア東北
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

AgileJapan2010 官公庁でも取り組み始めたアジャイル! NECソフトウェア東北

on

  • 2,960 views

 

Statistics

Views

Total Views
2,960
Views on SlideShare
2,940
Embed Views
20

Actions

Likes
0
Downloads
42
Comments
0

1 Embed 20

http://www.slideshare.net 20

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

AgileJapan2010 官公庁でも取り組み始めたアジャイル! NECソフトウェア東北 AgileJapan2010 官公庁でも取り組み始めたアジャイル! NECソフトウェア東北 Presentation Transcript

  • Agile Japan 2010 事例セッション1 官公庁でも取り組み始めたアジャイル! ~山形県庁の事例~ ベンダー編 2010年4月 NECソフトウェア東北 及川 洋靖
  • プロジェクトの概要 ▐ プロジェクトの全体像 NECおよびNECソフトウェア東北を含む6社によるシステム構 築・運用のプロジェクト ▐ 今日ご紹介するアジャイル開発の範囲 NECソフトウェア東北が担当した共通認証基盤などの開発部分がメ イン 山形県庁様および6社が何らかの形でアジャイルに関連 NECソフトウェア東北 NEC および 他ベンダーなど 認証基盤など グループ会社 アジャイル開発 山形県庁 2
  • 規模・体制など ▐ 期間 平成17年12月~平成19年3月 (本格的にアジャイルに取り組んだのは平成18年5月~) ▐ 規模 約50人月 ▐ 体制 5人体制、ほぼ100%工数投入 名前 役割 経歴(当時) Nさん リーダー 入社13年目 及川 サブリーダー 入社12年目 Aさん 開発メンバー 入社7年目 Uさん 開発メンバー 入社7年目 Oさん 開発メンバー 入社2年目 3
  • お客様との距離 仙台から山形市まではバスで 約1時間 (JRでも行けます) 山形県 山形市 仙台駅前バス停~山形県庁前 バス停は約50分 1日70往復以上あるので、 宮城県 県は違いますが、お客様との 仙台市 距離は非常に近いです 4
  • アジャイル開発までの経緯 ▐ 「山形県情報システムフレームワーク」の策定に参画 アジャイル開発の必要性に言及 ▐ 「山形県情報システムフレームワーク」を適用した最初の調 達案件を受注 アジャイル開発の必要性 5
  • プロセス お客様から見たプロセス 社内のプロセス 要求 方向づけ 分析 設計 分析 設計 2週間単位 小イテレーション 実装 推敲 分析 小イテレーション 設計 実装 小イテレーション 設計 実装 2ヶ月単位 テスト 設計 大イテレーション 小イテレーション 作成 実装 テスト 設計 実装 テスト 小イテレーション 実装 テスト 移行 実装 テスト 6
  • プロジェクトでのフェーズの考え方 ▐ 統一プロセスのフェーズの考え方を利用 各フェーズで行うそれぞれの作業の割合は異なる 7
  • 大イテレーション ▐ 開始 イテレーション計画書を作成して、次イテレーションの合意を 得る ▐ 終了 イテレーション結果報告書を作成し、今回のイテレーションの 成果物を確認(次イテレーションへの残作業も確認) 計画書と結果報告書で A4、3ページ程度 8
  • 小イテレーション 実装するストーリーを決める 計画ゲーム 必要なタスクを洗い出す タスクカードを作成して貼る 小 イ テ 朝会 レ ー バーン シ 日々の作業 TDD ダウン ョ ペアプロ チャート ン CI ふりかえり KPTでふりかえり 9
  • 小イテレーション計画・タスク 小イテレーションは、「計画ゲーム」によって作成された1~3日人日 程度の作業の「タスク」の集合。 タスクは、ToDoボードに貼り出し、同時に進捗管理のためのバーンダ ウンチャートも作成 カオスの海 未着手のタスク 作業中のタスク 作業済のタスク 「カオスの海」には、作業過 タスク1 タスク4 タスク6 程で顕在化したタスクを貼り タスクx ……… ……… ……… 出す。 ……… 状況は、バーンダウ ⇒優先度高いものは次のイテ タスク2 ……… タスク5 タスク7 ンチャートへ反映 ……… ……… レーションに組み入れる タスク3 ……… タスクの作業による個人の課 作業の進捗状況に合わ 題は、朝会で報告し、メン せて、タスクカードを バー間で共有する。 移動 <ToDoボード> <小イテレーションの計画> <バーンダウンチャート> 10
  • 継続的にインテグレーション ▐ CruiseControlを利用した継続的インテグレーション ▐ Subversionにコミットしたら自動的にビルド&テスト&テ ストカバレッジレポート作成 CruiseControl テストカバレッジレポート 何か問題があれば開発 者メーリングリストに jUnitテストレポート 通知 →すぐに修正! 11
  • プロジェクトルームの様子 目標を常に見える場所に張って、 一体感を高める工夫 朝会で今日やること・課題などを確認 別のプロジェクトでアジャイルに挑戦し た際に貼っていたスローガンを再利用 ニコカレでメンバーの様子を見える化 12
  • ふりかえりの内容をご紹介 13
  • ドキュメントなど ▐ 詳細設計書などアプリケーションの細かい動きを設計した文書を実 装前には作成していません。 全体の実装の範囲や、ユースケース、機能の一覧など、プロジェクト の遂行に必要なものは作成しています。 ▐ 小イテレーション開始時に、実装する範囲の設計を実施。 実装に必要な情報を箇所をホワイトボードやWikiに記述しました。 動作が複雑だったり、アーキテクチャをハッキリしておいた方がよい 部分にはUMLを利用。 画面モックを作成した部分もあります。 ▐ アプリケーションの設計書は、実装後に実装した内容に合わせて作 成(Wikiに書いておいた情報を、メンテナンス等のために必要 な文書としてまとめる) 実装後に作成するため、アプリケーションの変更があっても設計書を 直す必要がない(実装内容をメモしたwikiだけ修正しておく) 14
  • 動作確認を目的としたリリース ▐ 山形県庁様向け 大イテレーション単位で動作するアプリケーションを公開 成果物の確認をしていただいた ▐ 他の開発チームへのリリース 大イテレーションよりも小さな単位でリリース (小リリース1~数回分程度) スクリプトを実行するだけで社内環境にリリース。他チーム は自分たちのシステムと常に連携動作させながら開発。 15
  • その他 ▐ 仕様変更やスコープの変化は? 今回のプロジェクトでは大きな仕様変更は発生しませんでした。 スコープは調達仕様書によりハッキリしていました。 ▐ 品質はどのように確保? 作成フェーズまでは、Junitによる単体テストが中心。 テストが常にグリーンであること、カバレッジが目標を上回っ ていること。 移行フェーズで実施した結合テスト・総合テストなどは、 ウォーターフォール型の場合と同様に、テスト仕様書を作成し て、手動でテストを実施。 16
  • プロジェクト、その後 ▐ 良かった点 アジャイル開発を体験 アジャイル開発に対応できるメンバーを育成できた お客様にも満足していただけた ▐ 課題 当時のメンバーはその後バラバラになってしまった その後のアジャイル開発事例があまり進んでいない 少しずつ事例は増えつつある ▐ 今後・・・ アジャイル開発事例を増やして、お客様によりご満足いただけ るようなシステムを構築できるようになりたい 17
  • ご清聴ありがとうございました