• Like
Agile Development and Contract from IPA at AgileJapan 2011
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

Agile Development and Contract from IPA at AgileJapan 2011

  • 963 views
Published

 

Published in Business
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
963
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
26
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Software Engineering CenterInformation-technology Promotion Agency, Japan アジャイル開発の適切な運用に向けて ~「非ウォ タ フォ ル型開発WG活動報告書」の概要~ ~「非ウォーターフォール型開発WG活動報告書」の概要~ Agile Japan 2011 2011年4月15日 情報処理推進機構(IPA) ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC) 山 下 博 之 Software Engineering Center 1
  • 2. H22年度版報告書の公開中H22年度版報告書の公開中 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri http://sec.ipa.go.jp/reports/20110407.html Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 2
  • 3. 非ウォーターフォール型開発に関する検討委員(1/4) SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri非ウォーターフォール型開発WG非ウォ タ フォ ル型開発WG Agile Japan 2011 A il J 氏名 所属 実行委員主査 松本 吉弘 財団法人京都高度技術研究所 顧問委員 稲村 直穂子 稲村 直穂子 株式会社ディー・エヌ・エー システム統括本部 本部長 大槻 繁 株式会社一 コンサルティンググループ 副社長 合田 治彦 富士通株式会社 システム生産技術本部 本部長代理 田澤 久 田澤 久 楽天株式会社 開発ユ ット 開発環境整備課 課長 開発ユニット 株式会社NTTデータ 技術開発本部 戸村 元久 プロジェクトマネジメント・イノベーションセンタ センタ長 羽生田 栄一 株式会社豆蔵 取締役 株式会社永和システムマネジメント 副社長、 ジ 平鍋 健児 株式会社チェンジビジョン 代表取締役 広瀬 敏久 日本電気株式会社 主席技術主幹 古川 古川 正伸 伸 株式会社東京証券取引所 品質管理部 課長 前川 徹 サイバー大学 IT総合学部 教授 馬嶋 宏 株式会社日立製作所 情報システム事業部 方式設計センタ 松島 桂樹 武蔵大学 経済学部 教授 新日鉄ソリューションズ株式会社 南 悦郎 技術本部システム研究開発センター所長 富士通株式会社 システム生産技術本部 和田 憲明 SI生産革新統括部 SDEM推進部エキスパート 伊久美 功一 IPA/SEC専門委員/元IPA/SEC研究員オブザーバ 鴨田 浩明 経済産業省 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 3
  • 4. 非ウォーターフォール型開発に関する検討委員(2/4) SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri開発モデルPT 氏名 所属 株式会社永和システムマネジメント 副社長、 株式会社永和 ネジ 副社リーダ 平鍋 健児 株式会社チェンジビジョン 代表取締役委員 合田 治彦 合田 治彦 富 通株式会社 システム生産技術本部 本部長代理 富士通株式会社 シ テ 産技術本部 株式会社NTTデータ 技術開発本部 戸村 元久 プロジェクトマネジメント・イノベーションセンタ センタ長 広瀬 敏久 広瀬 敏久 日本電気株式会社 主席技術主幹 本電気株式会社 古川 正伸 株式会社東京証券取引所 品質管理部 課長 前川 徹 前川 徹 サイバー大学 サイバ 大学 IT総合学部 教授 松島 桂樹 武蔵大学 経済学部 教授 新日鉄ソリュ ションズ株式会社 新日鉄ソリューションズ株式会社 南 悦郎 南 悦郎 技術本部システム研究開発センター所長 富士通株式会社 システム生産技術本部 和 和田 憲明 憲明 SI生産革新統括部 SDEM推進部エキスパート 伊久美 功一 IPA/SEC専門委員/元IPA/SEC研究員 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 4
  • 5. 非ウォーターフォール型開発に関する検討委員(3/4) SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri技術・スキルPT 氏名 所属リーダ ダ 松島 桂樹 武蔵大学 経済学部 教授 株式会社永和システムマネジメント委員 天野 勝 コンサルティングセンタ センタ 長 コンサルティングセンター センター長 川端 光義 アジャイルウェア代表 児玉 公信 株式会社情報システム総研 取締役副社長/モデラー 田澤 久 楽天株式会社 開発ユニット 開発環境整備課 課長 馬嶋 宏 株式会社日立製作所 情報システム事業部 方式設計センタ 富士通株式会社 システム生産技術本部 和田 憲明 SI生産革新統括部 SDEM推進部 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 5
  • 6. 非ウォーターフォール型開発に関する検討委員(4/4) SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri契約問題PT 氏名 所属リ ダリーダ 前川 徹 前川 徹 サイバ 大学 サイバー大学 IT総合学部 教授 新日鉄ソリューションズ株式会社委員 飯塚 顕治 法務・知財財産部 法務グループシニアマネージャー 高橋 雅宏 高橋 雅宏 アジャイルプロセス協議会 見積 契約ワ キンググル プ 見積・契約ワーキンググループ 板東 直樹 アップデートテクノロジー株式会社 代表取締役社長 平野 高志 ブレークモア法律事務所 弁護士 古川 正伸 株式会社東京証券取引所 品質管理部 課長エキスパート 梅本 大祐 IPA/SEC専門委員/ブレークモア法律事務所 弁護士オブザーバオブザ バ 鴨田 浩明 鴨田 浩明 経済産業省 葛山 弘揮 経済産業省 下田 裕和 経済産業省 柳橋 祥人 経済産業省 新保 康夫 日本コンピューター・システム株式会社 事業推進本部 鈴木 律郎 鈴木 律郎 社団法人情報サービス産業協会 社団法人情報サ ビ 産業協会 企画調査部 茂木 智美 社団法人情報サービス産業協会 企画調査部/審査業務部 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 6
  • 7. SECセミナーのご案内 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri「アジャイル型開発と共通フレーム」~開発対象と組織の特徴に応じた適切な開発形態を選択するために~ 多様なソフトウェア開発プロセスの中から、開発対象と組織の特 徴に応じた適切な開発形態を選択することにより、高品質のソ 徴に応じた適切な開発形態を選択することにより 高品質のソ フトウェアを効率よく開発することができます。 本セミナ では、非ウォ タ フォ ル型開発の代表であるアジャ 本セミナーでは、非ウォーターフォール型開発の代表であるアジャ イル型開発と、ソフトウェア開発プロセスを包括的に規定した「共 通フレーム」について、IPA/SECでの検討結果をご説明します。 キャンセル待ち 2011年4月22日(金)13:30~17:00 年 月 日(金) 於. 於.IPA 約1か月前に 2011年6月10日(金)13:30~17:00 予定 受付開始 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 7
  • 8. 目 次 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri1. アジャイル型開発における課題2. アジャイル型開発活用に向けた課題の検討3. アジャイル型開発手法の導入に向けて4. まとめ Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 8
  • 9. H21年度-調査事例一覧(1/2) SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・RiNo. 事例概要 1 小売業における業務システム開発事例 2 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)システム開発事例 3 サプライチェ ンマネジメントシステム開発事例 サプライチェーンマネジメントシステム開発事例 4 研修運営システム開発事例 5 開発案件管理Webアプリケ ション開発事例 開発案件管理Webアプリケーション開発事例 6 製造業向けプロトタイプシステム開発事例 7 携帯ソーシャルゲーム開発事例 携帯ソ シャルゲ ム開発事例 8 携帯端末向けブログシステム開発事例 9 パッケージソフトウェア開発事例 パッケ ジソフトウェア開発事例10 共通認証システム開発事例11 プロジェクト管理システム開発事例 プ ジ クト管理システム開発事例 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 9
  • 10. H21年度-調査事例一覧(2/2) SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・RiNo. 事例概要12 アプリケーションプラットフォーム開発事例 アプリケ ションプラットフォ ム開発事例13 教務Webシステム開発事例14 教育機関向け統合業務パッケ ジ開発事例 教育機関向け統合業務パッケージ開発事例15 検索エンジン開発事例16 システム管理ミドルウェア開発事例17 株式取引のためのWebアプリケーション開発事例18 プラント監視制御用計算機システム開発事例19 生産管理システム開発事例20 Webメディア開発事例21 アジャイル型開発の支援環境開発事例22 業界共通電子データ交換基盤構築事例 業界共通電子デ タ交換基盤構築事例 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 10
  • 11. アジャイル型開発の活用に向けた課題 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri 日本のソフトウェア競争力を高める 生き生きと働ける環境を作る 領域目指すべき 日本におけるソフトウ 日本におけるソフトウェア開発の在り方 見定め 開発の在り方 ゴール 契約 契約のあり方、調達、制度設計 価値評価 経営層やユーザ企業への理解促進重点課題 環境整備 管理手法や技術面の整備 コンサルタント等の役割の整備 普及 人財育成 欧米の競争力(ビジネスドライバ、 調査 産業構造など)の調査 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 11
  • 12. 目 次 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri1. アジャイル型開発における課題2. アジャイル型開発活用に向けた課題の検討3. アジャイル型開発手法の導入に向けて4. まとめ Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 12
  • 13. 顧客・経営層への理解促進に関する検討 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 13
  • 14. アジャイル型開発の適用領域・試行領域(1/2)SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Riすべてのソフトウェア開発にアジャイル型開発手法を適用できる、あるいはすべきだ、という立場ではない。ビジネスや市場、その他の開発の文脈によって、ウォーターフォール型の開発が適している場面もあれば、アジャイル型の開発が適している場面もある。大まかには、開発当初に要求を確定せず、ビジネス環境の変化に伴った市場や顧客に伴った市場や顧客ニーズの変化への対応が最優先される分野 ズの変化 の対応が最優先される分野が、アジャイル型開発が最も得意とする第一適用領域である。他方、基幹システム等で開発当初に要求をあるレ ルで確定可他方、基幹システム等で開発当初に要求をあるレベルで確定可能(あるいは確定すべき)な領域のシステムの開発においては、現在のアジャイル型開発は試行領域とな ている。在のアジャイル型開発は試行領域となっている。 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 14
  • 15. アジャイル型開発の適用領域・試行領域(2/2) SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri適用領域①ビジネス要求が変化する領域②リスクの高い領域③市場競争領域試行領域①大規模開発②分散拠点(オフショア含む)開発③組織(会社)間をまたぐ開発チームによる開発④組込みシステム開発 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 15
  • 16. 顧客・経営層は開発への一層の関与が必要 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri顧客(ユーザ)経営層ビジネス環境が激しく変化する現状において,ITシステムに関し,従来のように情報システム部門に任せきりでは適切に対応できない.開発形態にも深く関与する必要がある. ソフトウェアにおける大きな品質トラブルの背景: ・経営層の意思決定の遅れ 経営層の意思決定の遅れ ・経営層の理解不足 責任問題 ・経営層と関係部門との経営上の調整不足ベンダ経営層俊敏な開発の実績を武器に受注を狙う海外勢等に対抗するためには,自ら俊敏な開発を実施できる体制作りに取り組むと共に,その結果を顧客に売り込む必要がある.顧客に売り込む必要がある Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 16
  • 17. 技術・スキルに関する検討 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 17
  • 18. アジャイル開発に必要なスキルのまとめ SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri非ウォーターフォール型開発にとって重要なスキル:① プロジェクトのアウトプットに関わる判断ではなく,アジャイル開 発の進め方を踏襲させるためのファシリテーションスキル② 反復活動の中で 実際に動くものを作りながら 小規模に か 反復活動の中で,実際に動くものを作りながら,小規模に,か つトータルにプロジェクトのアウトプットを積み重ねていくスキル③ 設計 コ ディング テストを 貫して実施出来るスキル 設計,コーディング,テストを一貫して実施出来るスキル<参考>欧米ではプロダクトマネージャ,開発者,テスタなどの役割が明確であり,その役割の中では技術者はほぼ対等である.開発者は日本に比べると広範囲な開発フェーズを担う.アジャイル開発の具体論は,このような欧米の開発スタイルを暗黙的に前提としている面アジャイル開発の具体論は このような欧米の開発スタイルを暗黙的に前提としている面が多い.日本でアジャイル開発を導入する際,プラクティスを機械的に導入するのではなく,開発チームや技術者のあり方,文化のあり方をどう変えていく,または変えていかない,というこ ムや技術者のあり方 文化のあり方をどう変えていく または変えていかない ということを考えながら,検討する必要がある. Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 18
  • 19. 人材育成の事例-スケジュール SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri 開発メンバ育成 プロジェクト立上げ 開発チーム育成 ス 卒 キ プ セ ル 模 キ 開発技術(基礎知識) 技 ( ) 業 ッ ロ ミ ー 擬 OJT ル 検 ク ジ ナ キ 開 診断 定 オ ェ ー ー 発 フ クト ズ ・開発できるレベル ・開発者向け まで育てる ・ストーリーオーナー 向けも別途行う ・ ・ ・ ・業 ・ ・ ・自 ・構成管理 / その他ツ ル 構成管理 その他ツール ・ ア ・ 行 ・ プ ア 開 フ 務 開 チ 己 ジ 動 ロ ジ レ ー ・テスト駆動開発 ャ 指 ジ ャ 発 ー 知 発 ム 紹 ・サブチーム単位に行う イ ェ イ 標 ム 識 環 介 ・オブジェクト指向プログラム ル概 針 ク ル基 準 ワ 境 ビ ル ・作ったものは捨てる / 設計 ト憲 礎 ークク 知識 ド 要 獲 章 知 ・Java言語 / Eclipse 識 得 標準1ヶ月(習熟度により前後) 1日 2~3日 2 3日 5日 育 組 開 成 閣 発 開 開 始 始 参画 ・プロパー プロパ ・プロダクトオーナー ・パートナー Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 19
  • 20. 人材育成の事例-対象別育成カリキュラム例 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri 開発チー スクラム 顧客/プ 先行チー リーダー PM 経営者層 ム マスター ロダクト ム /購買担 オーナー 当などアジャイル概要 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○アジャイル基礎知識 ○ ○ ○ ○ ○ ○アジャイル擬似体験 ○ ○ ○業務知識 ○ * ○開発環境 ○ *基本アーキテクチャ ○ *業務分析/モデリング △ △開発技術 △ *ファシリテ ション概要ファシリテーション概要 ○ ○ ○ ○ ○ ○ファシリテーション演習 ○ ○ ○ ○:立上げ前後の必須教育の領域 アジャイル開発を △:事前に準備が困難でOJTが必要な領域 初めて行う組織を対象 *:内容を組織内で個別に検討する必要がある領域 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 20
  • 21. 人材育成方法のまとめ SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Riアジャイル開発の価値(及び原則)の理解が重要 価値プラクティスの全てを完全に身につけるより,価値 原則 に従って行動する習慣を確実に身につけることが 重要 手法 (背景) アジャイル開発を実践するためには, 様々な方法論・数あるプラクティスから, プロジェクトや組織に適したものを取捨選 択し,カスタマイズすることが必要 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 21
  • 22. 契約形態に関する検討 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 22
  • 23. モデル化:ソフトウェア開発に関わる役割と契約の起こる位置 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri 使う人 契 保守 提供 補佐 契 契 する人 する人 する人 契 契で、契約の起こる可能性がある 今回 今回の 場所を示す。同 の組織内の場合 場所を示す。同一の組織内の場合 検討対象 作る人 は、契約はない。 契約には、請負契約や準委任契 契 約等の種類がある。 作る人 作る人2 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 23
  • 24. SECアジャイル型開発における請負契約との非整合性 Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri✓ 外注において、一般的に使われている請負契約は、 「当事者の 方が、ある仕事を完成することを約し、相手方の 「当事者の一方が ある仕事を完成することを約し 相手方の 仕事の結果に対して報酬を支払うことを約することによって、 効力を生じる」 契約 契約時点で、成果物が不明確なため、 契約時点で 成果物が不明確なため 「仕事の完成」が客観的に判断できない このため、一般に、請負契約はなじまない このため 一般に 請負契約はなじまない✓一方、アジャイル型開発手法は、変化への対応を重視する✓一方 アジャイル型開発手法は 変化への対応を重視する ため、仕様を最初に固定しない。ユーザとのコミュニケーショ ンを通して、状況に応じて仕様を決めていく。 ンを通して 状況に応じて仕様を決めていく Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 24
  • 25. 推奨する契約形態(案1):基本契約/個別契約モデルSEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri基本契約において、プロジェクト全体における開発側・顧客側の協力体制を強調し、両者のポジションを明確にしておく。プロジェクトの各フェーズにおいて、順次、具体的な個別契約を締結する。個別契約では、準委任契お 順次 具体的な個別契約を締結する 個別契約 は 準委任契約/請負契約を使い分ける。 基本契約 準委任 準委任 請負 請負 請負 個別契約 ・・・・・・ Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 25
  • 26. アジャイル開発プロセスモデルと基本契約/個別契約モデル SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri シテ運 スム 用 要 開 要 開 要 開 要 開 要 開 要 開 求 発 テストト 求 発 テストト 求 発 テストト 求 発 テストト 求 発 テストト 求 発 テストト 企画 ・・・ ・・・ ・・・ 第反 1 復 第 復 n反 第反 1 復 第 復 n反 第反 1 復 第反 n 復 第リ ー 1 リ ス 第 リス 2リ ー 第 リ ス mリ ー• n=1の ー も り ケ ス あ。 基 契 本 約 個 契 別 約 個 契 別 約 個 契 別 約 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 26
  • 27. 推奨する契約形態(案2):組合(共同事業体)モデル SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri 組合 組合-ベンダ間の制作契約は アジャイル請負契約を適用する ベンダ (P) 業務執行組合員 ベンダ ユーザ (P) (同一)製作に関わる 労務 出資 業務執行組合員 ベンダ (P) ユーザ (I) 組合員 イテレーション 単位で 組合契約 成果物を納品 ユーザ (製作管理と成果管理を規定する)製作に関わる資本 出資 成果物の企画 イテレーション(バックログ)の 決定・スケジュール・ 予算管理 知的財産管理 成果物の収益分配 組合員の倒産、脱退 、清算 (P) : Producer, (I) :Investor Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 27
  • 28. 目 次 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri1. アジャイル型開発における課題2. アジャイル型開発活用に向けた課題の検討3. アジャイル型開発手法の導入に向けて4. まとめ Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 28
  • 29. アジャイル型開発のスイートスポット SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri システム規模 ・ 0..12..300 (開発メンバー数) 深刻度 ・ シンプル、経済被害、...人身事故 シンプル 経済被害 人身事故 システムの成熟度 ・ 新規開発、レガシー保守 要件の変化率 ・ 低、中、高 ビジネスモデル ・ 自社開発、オ プンソ ス、... 自社開発、オープンソース、... アーキテクチャ ・ 安定、変化した、新しい チ ムの分散 チームの分散 ・ 一か所、..、オフショア、外部委託 か所 オフショア 外部委託 統制 ・ 単純なルール、...、SOX、... フィリップ・クルーシュテン (Philippe Kruchten) の講演(2009.12)より Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 29
  • 30. アジャイル型開発手法適用のポイント SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri 適切な開発手法の選択 -開発対象の特徴や開発組織の置かれた環境などを加味しつつ 徴 境 適切な開発手法を選択する・新たに考案する プラクティスの活用 -それぞれのプロジェクト・組織(企業)で、自らの開発に 合った方法を、プラクティスを選択あるいは参考にして 利用する 開発手法に対する正しい理解の促進 -プラクティスの意図やプラクティスが提唱されている背景 についても理解を深める■銀の弾丸はない 実践現場でのたゆまない問題解決の積み重ねを続ける Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 30
  • 31. 目 次 SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri1. アジャイル型開発における課題2. アジャイル型開発活用に向けた課題の検討3. アジャイル型開発手法の導入に向けて4. まとめ Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 31
  • 32. SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri日本のソフトウェア産業を もっと元気にしよう も と元気にしよう Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 32
  • 33. 参考 SLCP SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri 出典 「共通フレーム2007 第2版」 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 33
  • 34. 参考 プロセスとプラクティス SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri XP ・システムのメタファ タ アクティビティ ・シンプルデザイン ス ・テスト駆動開発 ク ・頻繁なリファクタリング ・ペアプログラミング Scrum ・スプリントバックロググラフの作成 ・自律的な組織化チーム ・スクラムミーティング ・1日以内の障害除去 ・共通の部屋 共 屋 ・日次ビルド ・スプリントレビ <プロセスの構成> <プラクティスの例> <プラクテ スの例>What-to-do (何をするか)を表す. How-to-do (どのようにするか)を表す. 全く異なる観点 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 34
  • 35. 参考 従来型とアジャイル型との主な違い(1/2) SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Riプロジェクト要素 従来型開発 アジャイル型開発管理 「プロセス」重視 「人」重視マネジメントスタイル 指揮統制型 リーダーシップ・協力型 リ ダ シップ 協力型知識の管理 明示 暗示役割 個人 自 組織 自己組織チーム →専門化を好む →役割の相互入れ替えを推奨コミュニケーション フォーマルで、必要な時のみ インフォーマルで、継続的顧客の関与顧客 関与 重要だが、通常はプロジェクトの分 必須で、継続的 重要だが 通常はプ ジ クト 分 必須で 継続的 析段階においてのみプロジ クトサイクルプロジェクトサイクル 業務や活動主導 製品特性主導 文化が … 「プロセス」重視 「プ セス 重視 「人」重視 「人 重視 異なる 出典 Kieran Conboy, Sharon Coyle, Xiaofeng Wang, Minna Pikkarainen: ”People Over Process: Key People Challenges in Agile Development”, IEEE Software, July 2010. Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 35
  • 36. 参考 従来型とアジャイル型との主な違い(2/2) SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Riプロジェクト要素 従来型開発 アジャイル型開発開発モデル ライフサイクルモデル 進化型成果モデル (ウォーターフォール、スパイラル、ま (ウォ タ フォ ル スパイラル ま たはこれらのバリエーション)望まれる組織形態/構 機械的(官僚的で、形式重視) 有機的(柔軟性、参加性に富み、造 協力しあう社会的活動を推奨)テクノロジー 制約なし 目標指向のテクノロジーが好まれるチーム配置チ ム配置 分散型主体 連動型主体チームサイズ 多くの場合で 10 人を超える 通常は 10 人以下継続ラ継続ラーニング ング あまり推奨されない 積極的に採用されるマネジメント文化 指揮統制型 対応型チーム参加 必須でない 必須プロジェクト・プラニング 管理職主導 継続的フィードバックの仕組み 獲得困難 通常数多く存在文書化 相当量 最小限 Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 36
  • 37. プロセス・イノベーションに向けて SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Riイ ノベーションの意味は,仕組みや社会制度の革新も含まれる.全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し,全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し社会的に大きな変化を起こすことである.(1911年,経済学者・シュンペーター)( 年 経済学者 )イノベーションは,複数の文化が交わるところに生まれる.イノベ ションは 複数の文化が交わるところに生まれるそれぞれの文化において強固な基盤が必要であり,各文化のフロンティアにおけるコミュニケーションと協働により各文化のフロンティアにおけるコミュニケ ションと協働によりイノベーションがもたらされる.<参考(意訳)>Innovate America: (通称“Palmisano Report”)チャレンジとチェンジの世界における繁栄-全米イノベー ションイニシアチブ報告書 ブhttp://homepage1.nifty.com/bicycletour/sci-rep.priv.InnovateAmerica.htm Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 37
  • 38. プロセス・イノベーションに向けて SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Riイ ノベーションの意味は,仕組みや社会制度の革新も含まれる.全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し,全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し社会的に大きな変化を起こすことである.(1911年,経済学者・シュンペーター)( 年 経済学者 )イノベーションは,複数の文化が交わるところに生まれる.イノベ ションは 複数の文化が交わるところに生まれるそれぞれの文化において強固な基盤が必要であり,各文化のフロンティアにおけるコミュニケーションと協働により各文化のフロンティアにおけるコミュニケ ションと協働によりイノベーションがもたらされる.<参考(意訳)>Innovate America: (通称“Palmisano Report”)チャレンジとチェンジの世界における繁栄-全米イノベー ションイニシアチブ報告書 ブhttp://homepage1.nifty.com/bicycletour/sci-rep.priv.InnovateAmerica.htm Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 38
  • 39. SECプロセス・イノベーションでソフトウェア産業の活性化を Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Ri 異文化ウォーターフォール型開発ウォ タ フォ ル型開発 アジャイル型開発 Cross Culture 相互理解 優れた部分の採り入れ コラボレーション (プロセス・インプルーブメント) プロセス・イノベーション Process Innovation Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 39
  • 40. SEC Software Engineering for Mo・No・Zu・Ku・Riご清聴,ありがとうご清聴 ありがとうございましたござ報告書公開中http://sec.ipa.go.jp/reports/20110407.html IPA/SECホ ムペ ジ: IPA/SECホームページ: http://sec.ipa.go.jp/index.html Copyright © 2010-2011 IPA, All Rights Reserved. Software Engineering Center 40