Linked Open Dataによるボトムアップ型オープンガバメントの試み

4,000 views

Published on

情報処理学会第79回デジタルドキュメント研究会発表スライドです。

研究会のURL: <http: />

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,000
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
957
Actions
Shares
0
Downloads
41
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Linked Open Dataによるボトムアップ型オープンガバメントの試み

  1. 1. 情報処理学会<br />第79回デジタルドキュメント研究会<br />Linked Open Dataによるボトムアップ型オープンガバメントの試み <br />2011年1月21日<br />◯深見嘉明 慶應義塾大学 次世代Web応用技術・ラボ<br />小林巌生 Open Community Data Initiative<br />嘉村哲郎 総合研究大学院大学 複合科学研究科、東京藝術大学<br />加藤文彦 国立情報学研究所<br />大向一輝 国立情報学研究所<br />武田英明 国立情報学研究所<br />高橋徹 ATR メディア情報科学研究所 株式会社ATR-Promotions <br />上田洋 株式会社ATR-Promotions<br />
  2. 2. デジタルドキュメントの種類<br />スタンドアローン・パッケージド<br />PDF, doc, xls<br />電子書籍フォーマット(ePUB, XMDF等)<br />ウェブ対応<br />HTML (human readable)<br />XML (machine readable)<br />xHTML<br />1<br />
  3. 3. ウェブの創成<br />2<br />CERN<br />
  4. 4. ウェブの創成<br />3<br />
  5. 5. ウェブの創成<br />広大な土地に分散する研究員<br />誰かが自分が必要な知識をもっているはず。でもどこにいるかすらわからない。<br />各自の研究成果=論文などを、簡単に共有・閲覧するしくみとしてウェブは誕生<br />4<br />
  6. 6. 協働プラットフォームとしてのウェブ<br />5<br />human readableな情報共有・インタラクションによる協働は実現<br />wiki<br />CMS<br />Blog<br />Twitter<br />
  7. 7. machine readabilityの欠如<br />人間が目で見るための静的「ドキュメント」を共有するためのインフラ。<br />しかし、そのドキュメントには、計算機処理したい情報も埋めこまれている。<br />情報を厳密に定義し、machine readabilityを実現しようとしたxHTMLは普及せず。<br />6<br />
  8. 8. YouTube<br />7<br />http://www.youtube.com/watch?feature=channel&hl=en&v=mbVVDDu8f9k<br />
  9. 9. Delicious<br />8<br />URL<br />tags<br />tags<br />
  10. 10. Amazon.com<br />9<br />
  11. 11. Twitter<br />10<br />
  12. 12. メタデータによる意図せざる協働<br />User Generated Contents<br />動画共有サイト<br />ソーシャルブックマーク<br />twitter<br />User Generated Metadata<br />11<br />利用者が自らの利便性のためにメタデータを生成・公開する事を通じた他者の情報探索活動支援<br />
  13. 13. 次世代の協働形態<br />ゼロ年代の協働形態<br />human readable contentsを通じたインタラクションによる協働<br />萌芽的な協働形態<br />user generated metadataによる意図せざる協働<br />次世代の協働形態<br />machine readable dataの分散的生成・共有・活用を通じた協働<br />12<br />
  14. 14. Web of Data<br />ウェブはコンピュータによってアクセスされる<br />ウェブで公開される情報が、計算機処理可能なフォーマットのデータであればもっと便利<br />One Web。ということは、データフォーマットも共通であるべき<br />13<br />not Web of Document<br />but Web of Data<br />
  15. 15. データ共有プラットフォームとしてのLOD<br />既に各分野でリンクされたデータセットが多数生成されています<br />203のデータセット<br />2500万の RDF triples<br />3億9500万の RDF links<br />14<br />(http://www4.wiwiss.fu-berlin.de/lodcloud/state/)<br />
  16. 16. from http://www.data.gov/<br />Open GovernmentとLOD<br />ただ開示されるだけでは不十分<br />利活用できる体裁での公開が重要<br />既に米国・英国ではLODでのデータ公開が進展している<br />from http://data.gov.uk/<br />
  17. 17. 日本におけるLOD生成活動実践例<br />NDL-SH<br />国立国会図書館件名標目表<br />図書分類項目をRDF形式で提供<br />SPARQL(RDFクエリ言語)で抽出も可能<br />16<br />
  18. 18. 日本におけるLOD生成活動実践例<br />LOD.AC<br />国立情報学研究所を中心に進めているLODによる学術情報の生成・共有・活用プラットフォーム構築プロジェクト<br />LODAC museum: 博物館・美術館収蔵品情報のLOD化<br />17<br />
  19. 19. LinkedData.jp<br />エンジニアコミュニティによる自発的な活動<br />18<br />
  20. 20. データ共有プラットフォームとしてのLOD<br />Linked Open Data (LOD)の特徴<br />ID = URI, http://<br />W3C標準形式=RDFで情報提供<br />他のURI(データリソース)とリンク<br />名前<br />http://www.w3.org<br />World Wide Web Consortium<br />subject<br />object<br />
  21. 21. 20<br />Linked Dataの原則<br />あらゆる事柄にURIをつける<br />HTTP経由でURIを参照<br />URIを参照したときは情報を閲覧できる<br />他の関連情報へのリンクを含める<br />
  22. 22. 21<br />循環型情報活用<br />製作過程の記録ノート<br />A.制作に至った背景、動機<br />B.発見、手法<br />C.実験データ<br />過去の手法に手を加え、<br />新しい手法で創造<br />A.製作過程<br />B.類似作品との相違<br />C.実験データ<br />循環型情報活用<br />(文化・芸術)<br />Linked Open Dataで公開<br />実験データ一部は保持<br /><ul><li> 新たな作品展開
  23. 23. 新たな分野,知の創出
  24. 24. 次世代へ継承</li></ul>類似・関連情報等の横断的検索サービス<br />
  25. 25. 地域におけるオープンデータの課題<br />国レベルだけではなく地域レベルでも、多大なデータが蓄積されている。<br />公的機関だけがデータを持っているわけではない。ローカルな情報リソースは、住民が抱えている。<br />例えば、美術分野だけでも多様な主体がリソースを持っている。<br />自治体立美術館<br />私立美術館<br />ギャラリーや画廊<br />学校法人など<br />
  26. 26. 23<br />ここ横浜の事例<br />
  27. 27. 24<br />
  28. 28. 25<br />
  29. 29. イベント情報のマルチユース、マルチデバイス展開。<br />26<br />
  30. 30. 27<br />
  31. 31. 28<br />2011年 LODで再チャレンジ。<br />
  32. 32. 29<br />
  33. 33. リンクによる情報のサイクルの構築を目指す。(アート情報の場合)<br />30<br />
  34. 34. メタ情報/メタデータ(場所情報の場合)<br />31<br />
  35. 35. LODに取り組む際の、地域ならではのアドバンテージ。<br />32<br />
  36. 36. 地域LODの活用例<br />33<br />
  37. 37. ヨコハマぶらり<br />34<br />
  38. 38. 地域情報クラウド<br />35<br />LODを媒介にして地域情報を相互に利用可能な環境の実現を目指す。<br />
  39. 39. まとめ<br />machine readable dataの分散的生成・共有・活用を通じた次世代型協働形態が成立<br />Web of DocumentからWeb of Dataへ<br />Linked Open Data: 共通のデータフォーマットで、かつリンクされた形でのデータ公開<br />民間のみならず、国レベルでのLOD公開が広がる<br />地域・住民主導のLOD生成・利用というボトムアップ型のオープンガバメント活動=横浜LODプロジェクトが始動<br />地域情報クラウドの実現へ<br />このムーブメントに注目ください<br />36<br />
  40. 40. Message<br />37<br />
  41. 41. ありがとうございましたWe love Yokohama♥<br /><ul><li>http://scholex.com/ocdi/
  42. 42. http://lod.ac</li></ul>yofukami@sfc.keio.ac.jp<br />iwao@scholex.com<br />

×