世界で最も過酷なマラソンで 学んだこと ~極限状態を乗り越えてゴールする方法~ 世界で最も過酷なサハラランナー 赤坂剛史
世界で最も過酷なサハラマラソン Marathon des Sables 7 日間  245 キロ
アフリカ大陸 モロッコ・サハラ砂漠 サハラ の面積は日本の3倍
気温 50℃  灼熱地獄 (C)   Takeshi Akasaka
7 日間の生活に必要なものはすべて背負う (C)   Takeshi Akasaka
(C)   Takeshi Akasaka リタイヤするときはヘリコプタが救助にくる
(C)   Takeshi Akasaka 砂丘の向こうになにが?
(C)   Takeshi Akasaka 前進あるのみ 寝袋
(C)   Takeshi Akasaka シューズの中は砂だらけ
(C)   Takeshi Akasaka 砂丘は転がり落ちそうな急斜面
サハラマラソン 気温 50℃  灼熱地獄 7日間 245キロ (C)   Takeshi Akasaka
(C)   Takeshi Akasaka 世界で最も空気が薄い アタカマ砂漠マラソン Atacama   Crossing 7 日間  250 キロ
南米大陸 チリ・アタカマ砂漠 標高 3500m 乾燥した大地
(C)   Takeshi Akasaka 標高 3500m 硬い地面
(C)   Takeshi Akasaka 凍てつく雪解け水
(C)   Takeshi Akasaka 乾燥した大地
(C)   Takeshi Akasaka 目印の旗 足に突き刺さる塩の大地
アタカマクロッシング 標高 3500m  酸欠・高山病 7日間 250キロ (C)   Takeshi Akasaka
熱くて険しい ゴビ砂漠マラソン   Gobi March 7 日間  250 キロ
中国・ゴビ砂漠 7 日間・ 250 キロ 2010 年 6 月
 
標高 2000m の高地
標高 -100m の低地
川もコース
ゴビマーチ 山岳地帯 気温53度 7日間250キロ
バックパック:15キロ ・7日間の食糧 ( 1 日2000kcal以上) ・シュラフとマット ・レースウェア上下 ・ウインドブレーカー上下 ・長袖Tシャツ ・ロングタイツ ・くつ下 ・歯ブラシ ・トイレットペーパー ・手ぬぐい ・ジップロック ...
(C)   Takeshi Akasaka 1.5 リットルの水が命をつなげる
コースマップ 距離 ( 地点 ) 方向 チェックポイント ( 給水所)
(C)   Takeshi Akasaka チェックポイント ( 給水所)
(C)   Takeshi Akasaka チェックポイント ( 給水所)
塩がないと脱水症状で倒れる
(C)   Takeshi Akasaka 次のチェックポイントに向かって進む
(C)   Takeshi Akasaka 険しい岩山が足へのダメージ
(C)   Takeshi Akasaka 次のチェックポイントが出てこない
(C)   Takeshi Akasaka 道はあっているのか? ゴールが見えなくて不安
(C)   Takeshi Akasaka テント発見!  今日のゴール!
(C)   Takeshi Akasaka 今日も宿泊場所は 砂漠の真ん中のテント村
(C)   Takeshi Akasaka 明日に備えて栄養・睡眠準備
(C)   Takeshi Akasaka 毎日、自分でクッキング もちろん、火おこしも!
(C)   Takeshi Akasaka 2 日間で 80 キロのオーバーナイトステージは息が白い!
(C)   Takeshi Akasaka 朝は氷点下
(C)   Takeshi Akasaka 最後尾はラクダ
(C)   Takeshi Akasaka <ul><li>好奇心! </li></ul><ul><li>楽しいから </li></ul><ul><li>常に挑戦者 </li></ul><ul><li>過酷なことに挑戦することによって自信がつく...
(C)   Takeshi Akasaka 過酷なマラソンから学んだこと
(C)   Takeshi Akasaka 自然の過酷さ
(C)   Takeshi Akasaka 生きて帰らなければ
(C)   Takeshi Akasaka 自然には生きる力がある 人間にも生きる力がある
道に迷うと仲間ができる (C)   Takeshi Akasaka
(C)   Takeshi Akasaka 自分の足跡が次の人の道しるべ
足をとめなければゴールできる
疲れたら休まなきゃ
(C)   Takeshi Akasaka 盲目のランナー
(C)   Takeshi Akasaka 自分が走れば 他の人に勇気を与えることができる
(C)   Takeshi Akasaka 人生の秘訣は過程を楽しむこと
(C)   Takeshi Akasaka 2 日間で 80 キロのオーバーナイトステージ 恐怖の夜がやってくる
(C)   Takeshi Akasaka 一期一会 人生を変えた師匠
(C)   Takeshi Akasaka 不安な気持ちを受け入れよう
感謝の気持ちと ポジティブシンキング (C)   Takeshi Akasaka
暗いからこそ電気を消してみる
(C)   Takeshi Akasaka 暗闇の先には光 ピンチはチャンス
(C)   Takeshi Akasaka 出口の先は新たな世界
毎日、自分の枠を超える すべてに感謝
(C)   Takeshi Akasaka スタートに立つのが大事
(C)   Takeshi Akasaka 包帯をとらなければ腐ってしまう
(C)   Takeshi Akasaka 足が痛い でも走る
(C)   Takeshi Akasaka 自分1人ではゴールできない
(C)   Takeshi Akasaka 40 人の ボランティア スタッフが 応援団
(C)   Takeshi Akasaka 欲しいのは水ではなくて 空のペットボトル
(C)   Takeshi Akasaka がんばっていると仲間ができる 1/7
(C)   Takeshi Akasaka 仲間は共に夢をかなえる応援団 2/7
(C)   Takeshi Akasaka レースは出会いと別れのくり返し 3/7
(C)   Takeshi Akasaka 4/7 能力の差はほとんどない
(C)   Takeshi Akasaka 5/7 やるかやらないか、ただそれだけ
(C)   Takeshi Akasaka 6/7 競うより一緒にゴールを目指そう
(C)   Takeshi Akasaka 7/7 夢中でやれば自分が誰かを引っ張っている
(C)   Takeshi Akasaka 辛いときほどありがとう 1/2
(C)   Takeshi Akasaka 2/2 大事なのは笑顔
(C)   Takeshi Akasaka 仲間がいるからがんばれる
(C)   Takeshi Akasaka 暑くて長くて孤独の中で 自分との戦い 1/1 1
(C)   Takeshi Akasaka 2/1 1 やめない強さ
(C)   Takeshi Akasaka 3/1 1 あきらめないこと
(C)   Takeshi Akasaka 4/1 1 ゴールするまでやり続ける
(C)   Takeshi Akasaka 5/1 1 たまにはへこむ
(C)   Takeshi Akasaka 6/1 1 ものすごくへこむ
(C)   Takeshi Akasaka 7/1 1 足が痛くてへこむ
(C)   Takeshi Akasaka 8/1 1 孤独はへこむ
(C)   Takeshi Akasaka 9/1 1 汗がとまらない
(C)   Takeshi Akasaka 10/1 1 辛い、でも感謝
(C)   Takeshi Akasaka 1 1 /1 1 もうちょっと行ける
夢が実現! 2010 年11月南極マラソン出場
南極大陸:ラストデザート(主催:レーシングザプラネット) 7日間 250キロ 南極半島 船で移動 11 月 14 日:日本出発 11 月 17 日:アルゼンチン ウシュアイア集合 チャーター船で南極へ 11 月 19 日:ラストデザート スター...
気温-20度 (C)   RacingThePlanet
最後の砂漠 (C)   RacingThePlanet
ブリザードの恐怖 (C)   RacingThePlanet
ペンギンのお迎え (C)   RacingThePlanet
知らない世界に好奇心 (C)   RacingThePlanet
(C)   Takeshi Akasaka 壁は思いの強さを証明するため
冒険には準備が大事! (C)   Takeshi Akasaka (C)   Takeshi Akasaka
(C)   Takeshi Akasaka 夢は誰かに助けてもらわないとかなえらない
(C)   Takeshi Akasaka やめずに努力する強さを持つ
(C)   Takeshi Akasaka あきらめなければ、 足をとめなければ、 ゴールできる!
南極へ行ってきます!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

南極マラソン壮行会201011スライド

473 views
397 views

Published on

2010年11月13日に田町で行った南極マラソン壮行会のスライド。応援に駆けつけてくださった約80名の方々の前で意気込みを語る。
翌日14日の南極マラソン2010に向けて日本を出発前の一番モチベーションが高まったときの講演です。

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
473
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 面積は 850 万 km2 で、アメリカ合衆国とほぼ同じ面積 日本 337 万 km2  日本の 3 倍
  • 気温 50 度 水を持たなければ死んでしまう。 砂が入らないようにシューズにスパッツ
  • 見渡す限り砂漠 集団となってひたすら進む。 砂丘の先にはなにがあるのかは、行くまでわからない。
  • ヘリコプタが救助にくる。 砂丘の先まで選手が続いている
  • あの向こうにはチェックポイントがあるかもしれない。 しかし。。。。
  • 砂がとても細かい。
  • 砂の斜面を駆け下りる 人間ってとってもちっぽけな存在。
  • 塩湖平原
  • 夢を語るには勇気がいる。目の前の壁は思いの強さを証明するため。 長所を見つめてのばしてください。必ず見つかるのでチャンスがくる準備をしておく。 夢は誰かに助けてもらわないとかなえられない。自分も誰かの夢を助けよう! うまくいくまでやり続ける。やめずに努力する強さを持つ。
  • 自然は過酷 砂丘の山をひたすら進む 日陰はない。水がなければ死んでしまう。
  • 人間は自然にはかなわない。 あきらめたら死んでしまう ここでやめるわけにはいかない 生きて帰らなければならない。
  • 自然は生きる力がある 人間にも生きる力がある
  • どこまでいけば休めるのだろうか
  • 目が見えない人 自分が走ることで目が見えない人に勇気を与えている
  • 夜は道に迷う恐怖がある
  • 一期一会 人生を変えた師匠
  • どんな過酷なコースなのか?
  • 長所を見つけてのばしてください。必ず見つかる。 そのためには自分も誰かの夢を助けてあげること そしてまじめに生きること、失敗したら謝ること。思いやりを持つこと。感謝すること。
  • 南極マラソン壮行会201011スライド

    1. 1. 世界で最も過酷なマラソンで 学んだこと ~極限状態を乗り越えてゴールする方法~ 世界で最も過酷なサハラランナー 赤坂剛史
    2. 2. 世界で最も過酷なサハラマラソン Marathon des Sables 7 日間  245 キロ
    3. 3. アフリカ大陸 モロッコ・サハラ砂漠 サハラ の面積は日本の3倍
    4. 4. 気温 50℃  灼熱地獄 (C)   Takeshi Akasaka
    5. 5. 7 日間の生活に必要なものはすべて背負う (C)   Takeshi Akasaka
    6. 6. (C)   Takeshi Akasaka リタイヤするときはヘリコプタが救助にくる
    7. 7. (C)   Takeshi Akasaka 砂丘の向こうになにが?
    8. 8. (C)   Takeshi Akasaka 前進あるのみ 寝袋
    9. 9. (C)   Takeshi Akasaka シューズの中は砂だらけ
    10. 10. (C)   Takeshi Akasaka 砂丘は転がり落ちそうな急斜面
    11. 11. サハラマラソン 気温 50℃  灼熱地獄 7日間 245キロ (C)   Takeshi Akasaka
    12. 12. (C)   Takeshi Akasaka 世界で最も空気が薄い アタカマ砂漠マラソン Atacama   Crossing 7 日間  250 キロ
    13. 13. 南米大陸 チリ・アタカマ砂漠 標高 3500m 乾燥した大地
    14. 14. (C)   Takeshi Akasaka 標高 3500m 硬い地面
    15. 15. (C)   Takeshi Akasaka 凍てつく雪解け水
    16. 16. (C)   Takeshi Akasaka 乾燥した大地
    17. 17. (C)   Takeshi Akasaka 目印の旗 足に突き刺さる塩の大地
    18. 18. アタカマクロッシング 標高 3500m  酸欠・高山病 7日間 250キロ (C)   Takeshi Akasaka
    19. 19. 熱くて険しい ゴビ砂漠マラソン   Gobi March 7 日間  250 キロ
    20. 20. 中国・ゴビ砂漠 7 日間・ 250 キロ 2010 年 6 月
    21. 22. 標高 2000m の高地
    22. 23. 標高 -100m の低地
    23. 24. 川もコース
    24. 25. ゴビマーチ 山岳地帯 気温53度 7日間250キロ
    25. 26. バックパック:15キロ ・7日間の食糧 ( 1 日2000kcal以上) ・シュラフとマット ・レースウェア上下 ・ウインドブレーカー上下 ・長袖Tシャツ ・ロングタイツ ・くつ下 ・歯ブラシ ・トイレットペーパー ・手ぬぐい ・ジップロック ・日焼け止め ・リップクリーム ・コンパス ・ホイッスル ・ヘッドライト ・デジカメ ・デジカメ用予備バッテリー ・ナイフ ・調理器具(なべ・スプーン) ・ライター ・固形燃料 ・サバイバルシート ・毒吸収装置 ・日の丸 ・照明弾 ・マメ治療道具 ・消毒液 ・塩タブレット ・地図 ・筆記用具 ・レコーダー ・水2リットル
    26. 27. (C)   Takeshi Akasaka 1.5 リットルの水が命をつなげる
    27. 28. コースマップ 距離 ( 地点 ) 方向 チェックポイント ( 給水所)
    28. 29. (C)   Takeshi Akasaka チェックポイント ( 給水所)
    29. 30. (C)   Takeshi Akasaka チェックポイント ( 給水所)
    30. 31. 塩がないと脱水症状で倒れる
    31. 32. (C)   Takeshi Akasaka 次のチェックポイントに向かって進む
    32. 33. (C)   Takeshi Akasaka 険しい岩山が足へのダメージ
    33. 34. (C)   Takeshi Akasaka 次のチェックポイントが出てこない
    34. 35. (C)   Takeshi Akasaka 道はあっているのか? ゴールが見えなくて不安
    35. 36. (C)   Takeshi Akasaka テント発見!  今日のゴール!
    36. 37. (C)   Takeshi Akasaka 今日も宿泊場所は 砂漠の真ん中のテント村
    37. 38. (C)   Takeshi Akasaka 明日に備えて栄養・睡眠準備
    38. 39. (C)   Takeshi Akasaka 毎日、自分でクッキング もちろん、火おこしも!
    39. 40. (C)   Takeshi Akasaka 2 日間で 80 キロのオーバーナイトステージは息が白い!
    40. 41. (C)   Takeshi Akasaka 朝は氷点下
    41. 42. (C)   Takeshi Akasaka 最後尾はラクダ
    42. 43. (C)   Takeshi Akasaka <ul><li>好奇心! </li></ul><ul><li>楽しいから </li></ul><ul><li>常に挑戦者 </li></ul><ul><li>過酷なことに挑戦することによって自信がつく </li></ul><ul><li>挑戦することによって次のステージへあがる </li></ul>僕が砂漠を走る理由
    43. 44. (C)   Takeshi Akasaka 過酷なマラソンから学んだこと
    44. 45. (C)   Takeshi Akasaka 自然の過酷さ
    45. 46. (C)   Takeshi Akasaka 生きて帰らなければ
    46. 47. (C)   Takeshi Akasaka 自然には生きる力がある 人間にも生きる力がある
    47. 48. 道に迷うと仲間ができる (C)   Takeshi Akasaka
    48. 49. (C)   Takeshi Akasaka 自分の足跡が次の人の道しるべ
    49. 50. 足をとめなければゴールできる
    50. 51. 疲れたら休まなきゃ
    51. 52. (C)   Takeshi Akasaka 盲目のランナー
    52. 53. (C)   Takeshi Akasaka 自分が走れば 他の人に勇気を与えることができる
    53. 54. (C)   Takeshi Akasaka 人生の秘訣は過程を楽しむこと
    54. 55. (C)   Takeshi Akasaka 2 日間で 80 キロのオーバーナイトステージ 恐怖の夜がやってくる
    55. 56. (C)   Takeshi Akasaka 一期一会 人生を変えた師匠
    56. 57. (C)   Takeshi Akasaka 不安な気持ちを受け入れよう
    57. 58. 感謝の気持ちと ポジティブシンキング (C)   Takeshi Akasaka
    58. 59. 暗いからこそ電気を消してみる
    59. 60. (C)   Takeshi Akasaka 暗闇の先には光 ピンチはチャンス
    60. 61. (C)   Takeshi Akasaka 出口の先は新たな世界
    61. 62. 毎日、自分の枠を超える すべてに感謝
    62. 63. (C)   Takeshi Akasaka スタートに立つのが大事
    63. 64. (C)   Takeshi Akasaka 包帯をとらなければ腐ってしまう
    64. 65. (C)   Takeshi Akasaka 足が痛い でも走る
    65. 66. (C)   Takeshi Akasaka 自分1人ではゴールできない
    66. 67. (C)   Takeshi Akasaka 40 人の ボランティア スタッフが 応援団
    67. 68. (C)   Takeshi Akasaka 欲しいのは水ではなくて 空のペットボトル
    68. 69. (C)   Takeshi Akasaka がんばっていると仲間ができる 1/7
    69. 70. (C)   Takeshi Akasaka 仲間は共に夢をかなえる応援団 2/7
    70. 71. (C)   Takeshi Akasaka レースは出会いと別れのくり返し 3/7
    71. 72. (C)   Takeshi Akasaka 4/7 能力の差はほとんどない
    72. 73. (C)   Takeshi Akasaka 5/7 やるかやらないか、ただそれだけ
    73. 74. (C)   Takeshi Akasaka 6/7 競うより一緒にゴールを目指そう
    74. 75. (C)   Takeshi Akasaka 7/7 夢中でやれば自分が誰かを引っ張っている
    75. 76. (C)   Takeshi Akasaka 辛いときほどありがとう 1/2
    76. 77. (C)   Takeshi Akasaka 2/2 大事なのは笑顔
    77. 78. (C)   Takeshi Akasaka 仲間がいるからがんばれる
    78. 79. (C)   Takeshi Akasaka 暑くて長くて孤独の中で 自分との戦い 1/1 1
    79. 80. (C)   Takeshi Akasaka 2/1 1 やめない強さ
    80. 81. (C)   Takeshi Akasaka 3/1 1 あきらめないこと
    81. 82. (C)   Takeshi Akasaka 4/1 1 ゴールするまでやり続ける
    82. 83. (C)   Takeshi Akasaka 5/1 1 たまにはへこむ
    83. 84. (C)   Takeshi Akasaka 6/1 1 ものすごくへこむ
    84. 85. (C)   Takeshi Akasaka 7/1 1 足が痛くてへこむ
    85. 86. (C)   Takeshi Akasaka 8/1 1 孤独はへこむ
    86. 87. (C)   Takeshi Akasaka 9/1 1 汗がとまらない
    87. 88. (C)   Takeshi Akasaka 10/1 1 辛い、でも感謝
    88. 89. (C)   Takeshi Akasaka 1 1 /1 1 もうちょっと行ける
    89. 90. 夢が実現! 2010 年11月南極マラソン出場
    90. 91. 南極大陸:ラストデザート(主催:レーシングザプラネット) 7日間 250キロ 南極半島 船で移動 11 月 14 日:日本出発 11 月 17 日:アルゼンチン ウシュアイア集合 チャーター船で南極へ 11 月 19 日:ラストデザート スタート 1 日目  11 月 25 日:ラストデザート 最終日 チャーター船でウシュアイアへ 11 月 27 日:アルゼンチン ウシュアイア解散 11 月 30 日:日本帰国
    91. 92. 気温-20度 (C)   RacingThePlanet
    92. 93. 最後の砂漠 (C)   RacingThePlanet
    93. 94. ブリザードの恐怖 (C)   RacingThePlanet
    94. 95. ペンギンのお迎え (C)   RacingThePlanet
    95. 96. 知らない世界に好奇心 (C)   RacingThePlanet
    96. 97. (C)   Takeshi Akasaka 壁は思いの強さを証明するため
    97. 98. 冒険には準備が大事! (C)   Takeshi Akasaka (C)   Takeshi Akasaka
    98. 99. (C)   Takeshi Akasaka 夢は誰かに助けてもらわないとかなえらない
    99. 100. (C)   Takeshi Akasaka やめずに努力する強さを持つ
    100. 101. (C)   Takeshi Akasaka あきらめなければ、 足をとめなければ、 ゴールできる!
    101. 102. 南極へ行ってきます!

    ×