アーバニズム レポートB    11n3054    長尾 琴音
課題B-2 J.ジェイコブス「アメリカの大都市の死と生」(鹿島出版会)の中で著者が、都市が死なないために重要な要素としてあげているものは何か?またそれを「日本の」具体的な事例と比較してみよう。アメリカで正しいことが日本でも当てはまるだろうか?
都市が死なないために重要な要素  4つの要素    1.混用地域の必要性    2.小規模ブロックの必要性    3.古い建物の必要性    4.集中の必要性
1.混用地域の必要性一つの地域を住宅地やオフィス街など単一の用途に限定させず、2つ以上の機能を持つべきである。都市がうまくいくには、人々のそれぞれの地区に現れる時間が分散している必要があるからである。
2.小規模ブロックの必要性いくつものルートが利用できることで、そのつど新しい発見がある。
小規模ブロックの例
2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所1住民は隣のブロックに何年も足を踏み入れな     いことが普通である。
2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所2孤立した街路を中心にした近隣住区は社会的    に非協力になりがちである。
2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所3人々がそれぞれ何本もの長い街路を出て合流するところでしか経済活動の中心を形成できない。
2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所4商店街は皆一様に規格化されて重苦しい雰囲気である。
2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所5目的地に行くまで単調な道しかない。
2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所5隣人同士で入り組んだたまり場を形成できない。
長いブロックの例
3.古い建物の必要性地区は建てられた年代とその状態の色々違った建物が混ざり合ってなければならない。新しい建物ばかりでは建設にかかる多額の総経費のため、儲けの多い事業しか存在できなくなってしまう。再開発により一気に街が更新されてしまうことへの批判...
4.集中の必要性便利を生み出すために高い人口密度で、子供、高齢者、企業家、学生、芸術家など多様な人々がコンパクトな都市に生活するべきである。
日本との比較1.混用地域の必要性①自宅付近→完全なる住宅街である。10分程   歩いた駅の近くには商店街がある。②池袋駅付近→繁華街とオフィス街で形成。③市ヶ谷駅付近→オフィス街と学校で形成。④六本木駅付近→オフィス街と住宅(マンション)  商...
日本との比較2.小規模ブロックの必要性日本は土地が狭い分、小規模ブロックで区切られた街並みばかりだと考えられる。そのためいくつものルートを通ることができ、さまざまな場所に足を運ぶことができる。
日本との比較3.古い建物の必要性小さな事業でも建築の古い新しいに関係なく存在していることを考えると、そこまで重視することではないように思える。
日本との比較4.集中の必要性狭い国土のおかげか、日本はまさにコンパクトな都市に高い住居密度で人々は暮らしていると考えられる。
日本との比較都心部では日本の場合においてもよくあてはま      ると考えられる。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

2012_アーバニズム_「B2-レポート」_11N3054_長尾琴音_

507 views
460 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
507
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2012_アーバニズム_「B2-レポート」_11N3054_長尾琴音_

  1. 1. アーバニズム レポートB 11n3054 長尾 琴音
  2. 2. 課題B-2 J.ジェイコブス「アメリカの大都市の死と生」(鹿島出版会)の中で著者が、都市が死なないために重要な要素としてあげているものは何か?またそれを「日本の」具体的な事例と比較してみよう。アメリカで正しいことが日本でも当てはまるだろうか?
  3. 3. 都市が死なないために重要な要素 4つの要素 1.混用地域の必要性 2.小規模ブロックの必要性 3.古い建物の必要性 4.集中の必要性
  4. 4. 1.混用地域の必要性一つの地域を住宅地やオフィス街など単一の用途に限定させず、2つ以上の機能を持つべきである。都市がうまくいくには、人々のそれぞれの地区に現れる時間が分散している必要があるからである。
  5. 5. 2.小規模ブロックの必要性いくつものルートが利用できることで、そのつど新しい発見がある。
  6. 6. 小規模ブロックの例
  7. 7. 2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所1住民は隣のブロックに何年も足を踏み入れな いことが普通である。
  8. 8. 2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所2孤立した街路を中心にした近隣住区は社会的 に非協力になりがちである。
  9. 9. 2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所3人々がそれぞれ何本もの長い街路を出て合流するところでしか経済活動の中心を形成できない。
  10. 10. 2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所4商店街は皆一様に規格化されて重苦しい雰囲気である。
  11. 11. 2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所5目的地に行くまで単調な道しかない。
  12. 12. 2.小規模ブロックの必要性• 長い街路ブロックの短所5隣人同士で入り組んだたまり場を形成できない。
  13. 13. 長いブロックの例
  14. 14. 3.古い建物の必要性地区は建てられた年代とその状態の色々違った建物が混ざり合ってなければならない。新しい建物ばかりでは建設にかかる多額の総経費のため、儲けの多い事業しか存在できなくなってしまう。再開発により一気に街が更新されてしまうことへの批判であり、古い建物も残した多様な都市をイメージしている。
  15. 15. 4.集中の必要性便利を生み出すために高い人口密度で、子供、高齢者、企業家、学生、芸術家など多様な人々がコンパクトな都市に生活するべきである。
  16. 16. 日本との比較1.混用地域の必要性①自宅付近→完全なる住宅街である。10分程 歩いた駅の近くには商店街がある。②池袋駅付近→繁華街とオフィス街で形成。③市ヶ谷駅付近→オフィス街と学校で形成。④六本木駅付近→オフィス街と住宅(マンション) 商業施設(商店街まではいかない)で形成
  17. 17. 日本との比較2.小規模ブロックの必要性日本は土地が狭い分、小規模ブロックで区切られた街並みばかりだと考えられる。そのためいくつものルートを通ることができ、さまざまな場所に足を運ぶことができる。
  18. 18. 日本との比較3.古い建物の必要性小さな事業でも建築の古い新しいに関係なく存在していることを考えると、そこまで重視することではないように思える。
  19. 19. 日本との比較4.集中の必要性狭い国土のおかげか、日本はまさにコンパクトな都市に高い住居密度で人々は暮らしていると考えられる。
  20. 20. 日本との比較都心部では日本の場合においてもよくあてはま ると考えられる。

×